ハーメルン
古明地さとりは覚り妖怪である
depth3.さとりの知らない小話

あたいはねこ。名前?そんなの無いよ

親も野良。ある程度育てられたところでふとどっかいちゃったんだよね。まぁそれが普通だから別にどうでもいいんだけど。

唯一違うといえば……人間からよく変な感じに見られるって事くらいかな。
多分毛並みが黒いからなんだろうけどよく分からないね。

別にあたいら猫同士じゃどうでもいい話だし気にしてもいないからいいんだけどね。


一応今はさとりって言う妖怪に飼われている。と言うよりいつの間にか一緒に住んでる。
さとりとの出会いは完全にばったり会った程度だしあたいだって覚りって知っていて出会ったわけでは無いよ。
当時は覚りってまずなんだってとこからだもん。
ただの変わった服を着た少女としかぱっと見みてなかった。

どうやら妖力が尽きて途方に暮れかけていたらしい。そんな状態なのに普通に動けるのは不思議だと思うけど…
教えてもらった限りだと覚り妖怪ってのは生き物が考えている事を読む事が出来る妖怪なんだとか。

初めて聞く種族の妖怪だった。ま、こっちの考えてることが分かるってのは純粋に嬉しいんだよね。


いつも無表情か半目で声もあまり抑揚がない。本当そこだけだと不健康に見えるか不気味に見えるかの二択だぞって思うけど本人はやめる気無いみたいだね。一回だけ無表情に薄ら笑いが入った事はあるけど逆に怖いよなんで薄ら笑いなのさ。

あたいが怯えてたら直ぐやめたけど。その後「やっぱり難しいですね」って言ってた。

何が難しいのやら……

普通に笑えば可愛いと思うけどな…
あまり顔に表情が出ないせいか何考えてるのか時々わからなくなることがある。あるいは、何かを考えてるようで何も考えてなかったとか。ま、いいか。あたいの知るところじゃないしね。



飼われてるとは言っても安定した寝床があるってだけであたい自身の生活はそこらへんにいる野良猫と対して変わらない。
別にさとりもそこら辺は気にして無いみたいで、基本用があるときはあたいが眠りに来るときに言ってくれる。

……本当は適当なあたりでふらっとどっかにまた行こうかなとか考えてたけどいつの間にかさとりの元に落ち着くようになったってのが正しいんだけどね。まぁそんなんだから数年前から一緒の状態なのだ。

別に、生活は悪くない。むしろ良いと言っていいくらいかな。寝床の確保しなくていいしご飯は美味しいのが出てくるし妖怪に襲われるリスクもある程度下がったし。



まぁ、たまに無茶な事をお願いされることがあるのだけれどね。

でも今回のような事を頼まれたのは初めてだね。普段は能力の実験体になってくださいだからさ。
またこき使われるのかって感じだけど今回は実験じゃないだけマシかな…

だって実験で酷い目に何回あったことか。


たださ、能力の試験をするたびに何だか落ち込んでるように見えるんだよね普通なら喜ぶと思うんだけど……しかも妖怪なのに人になりすまして人里で半分生活しているんだよね。

どんだけ自信がないんだか…あるいは、臆病なのか。


あたいが出会った中では最も人間に近い妖怪だね。正直人間だよって言われれば普通に受け入れそう


ま、妖怪も色々あるんだろうね。あたいはそういうのはあまり気にしないけど、むしろさとりのようなのと一緒の方が落ち着くね。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析