ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
鎮守府のモーニングセット

エンゲル係数とは、ドイツの統計・経済学者エルンスト・エンゲル(1821-1896)が提唱した、家庭の支出に占める飲食料費の割合であり、エンゲル係数が高いほど一般的には生活水準が低く、貧富の差を示すバロメーターになるというのがエンゲルの理論である。


[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析