ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
那珂と川内流とんこつラーメン

この日、関東にも春一番が吹いたという。
しかし、この鎮守府の地方では風はまだ穏やかで、空気も冷たかった。

昼前、那珂は少し疲れた様子で大食堂に顔を出した。

那珂の後ろをついてくるのは、野分、嵐、萩風、舞風、朝雲、山雲の第四駆逐隊と第九駆逐隊の面々。

全員、那珂の率いる第四水雷戦隊の構成員だが、別に出撃や遠征に行っていたわけではない。

那珂を含めた全員、エンジ色の体育ジャージを着ていて、その所々が汚れている。
提督から、特別任務として「アジの干物作り」を命じられていたのだ。

作業は朝の6時から始まった。

大量のアジを開いてエラと内蔵を取り出し、腹の中を綺麗に洗う。
そして、開いたアジを塩水に浸し、冷蔵庫で漬け込んでから遅めの朝食。

朝食を食べたら、塩漬けしたアジを一枚一枚丁寧に拭いて水気をとり、干し網の中に入れて風通しのいい日陰に干していく。

その作業がようやく終わった。

これから早めの昼食をとり、昼寝をする。
起きたら、厨房で野菜の皮剥きを手伝いながら、アジの干し加減を確かめ、ちょうど良いタイミングで一斉に取り込む。

那珂の第四水雷戦隊には、妙な小器用さのせいで、この手の任務がよく回ってくる。

艦隊のアイドルを自称する那珂にとっては、不本意な裏方(しかも磯臭い)作業だったが……。

「萩、ゼイゴ(尾の固い部分)の取り方うまくなったよな」
「お塩、あんなに入れて健康的にどうなのかなぁ……」
「那珂ちゃんさんの塩梅を信じなって!」
「うふふ、二水戦や三水戦の干物には負けたくないわ~」

配下の駆逐艦娘たちが、変にノリノリなのだ。

「そうだよ♪ 四水戦謹製の干物で、鎮守府のみんなを唸らせちゃおうね!」

そして那珂自身も、アイドルの職業病として、笑顔で周りを盛り上げてしまう。


「二水戦のイチゴ畑や、三水戦のイモ畑に対抗して、こっちも何か農作物を作りたいよね」
「町で農家のおっちゃんに聞いたけど、トマトがいいらしいぜ」
「ネギもよく育つみたいよ」
「トマトにネギ……ふふっ、いいですね」

那珂はメニュー表を眺めながら、何となくアイドルからまた一歩遠のく気配を感じた。


(せめて、お昼ぐらいアイドルらしいものを食べなきゃ)

夕食には、那珂たち自身が作った、アジの干物がメインに出てくるに決まっている。
朝食は、目玉焼きと納豆の定食だった。

大食堂の昼のメニューは、日替わりで毎日だいたい5品ぐらいが登場する。

・新作ハヤシライス
・銀ダラの煮付け定食
・豚しょうが焼き定食
・川内流濃厚とんこつラーメンセット
・PIZZAセット【野菜ローストのジェノバ風】

(ここは、ハヤシライスかピザに決まりだよね。ううん、ピッツァ?)

那珂が注文を決めかけた瞬間……。

「すいませーん! こっち、ラーメンセット7つ!」

嵐が、勝手に注文をした。

「えっ?」

「もちろん、みんな川内さんのラーメンだよな!」
「明後日はうちも昼食当番だもんね」
「はい、負けられません」
「三水戦のお手並み拝見ね~」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析