ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
睦月型と深川めし

提督の私室は、艦娘寮本館1階の奥、温泉大浴場へと続く通路わきにある。
温泉旅館だった頃には、女将の部屋として使われていたようだ。

独立した家屋のような造りになっており、玄関風の入り口を入ると土間があり、応接間を兼ねた四畳半の次の間、トイレと洗面台、浴室、そして稽古事もできる広さの十二畳の和室の本間へと続く。

本間の押し入れ内に隠されたドアは、隣の事務室へのもので、大淀と明石が使っている元従業員仮眠室が事務室の奥にある。

最初、提督は広いこちらの部屋を大淀と明石に使わせ、自分は八畳の元従業員仮眠室を私室にしようとしたが、男性である提督には浴室もついている部屋の方がいいだろうと説得された。

結局、提督の私室には大淀や明石も含めて、多くの艦娘が入り浸るようになっているので、広い部屋にしておいたのは正解だった。


この日も、コタツは睦月、如月、弥生、卯月に占領されている。

長距離航海練習で行った千葉県銚子のお土産、「ぬれ煎餅」と「あさり」を届けにきた、という口実で上がり込み、コタツでゲームを始めてしまったのだ。

ちなみに、睦月たちがやっているのは「ゲット・ビット」という、迫りくるサメから逃げる海外のボードゲームだ。

プレイヤーは1~7の手札から1枚を出し、数字が他と()()()()()()()プレイヤーの中で、数字の小さい者から最前列へ移動でき、最後尾の者のプレイヤーコマは身体の一部をサメに食べられてしまうというルール。

このプレイヤーコマは両手足が着脱式で、サメに食べられるたびに片方ずつ手足が食いちぎられたものとして外していき、コマの手足をすべて失うとゲームオーバー。

最終的に、自分だけが生き残ることを競う、ブラックユーモアあふれるゲームだ。

でもご安心を!

サメに食べられているのは「ロボット」という設定です!(ここ大事)

決して残酷な描写タグが必要な内容ではありません。


ここの提督はなぜかボードゲームやカードゲームを大量に持っていて、艦娘たちの娯楽に一役買っている。

(その代わり、この鎮守府に電源系ゲームは、ほとんどなかったりする)


「また如月ちゃんとかぶったにゃしぃ!」
「弥生は……サメは…苦手」
「負け犬はサメに食べられるといいぴょん」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析