ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
長門とカレーライス

朝は大食堂で全員いっせいに食事をとるこの鎮守府。

しかし、昼は出撃や遠征、演習などで各自の食事時間がバラバラになる。
この日も昼の大食堂には艦娘の姿がまばらだった。

「長門さん、どうかしたんですか?」

一人でポツンと食事をしている暗い表情の長門をめざとく見つけ、自称ジャーナリストの青葉が駆け寄って、真ん前の席に陣取る。

長門は日本が誇るビッグセブンと呼ばれた戦艦娘。
常にその言動は堂々とした武人然と自信に満ち溢れていて、こんな落ち込んだ姿は珍しい。

「何か悩み事ですか? 青葉、聞きたいです!」

好奇心丸出しで長門に迫る青葉。
手にはしっかり「取材メモ」と書かれた手帳とエンピツ。

「別に……ただ最近、提督が私を使ってくれないのがな……」
「スクープの匂いです! それは、提督との夜の営みが減…イタッ!」

無理矢理にスクープをねつ造しかねない青葉の後頭部を、相方の衣笠がどつく。

衣笠も自分の食事トレイを置き、青葉の隣に座った。
ちなみに、昼食は各自好きなメニューを注文することができる。

「長門さんの考え過ぎじゃない? 連合艦隊編成でB環礁に出撃した時は、旗艦に選ばれてたでしょ?」
「それは去年の話じゃないか」

「先週、南方海域前面に出撃してましたよね?」
「あそこへの戦艦群での出撃は毎月恒例だ。それまで外されたら、私は精神的に轟沈するぞ」

衣笠と青葉がなだめるが、長門の悩みは深刻なようだった。
長門は、この鎮守府では最古参の部類に入る、提督が最初に建造に成功した戦艦娘だ。
長く艦隊全体のリーダーとして鎮守府を支えてきた自負も強い。
それだけに、編成に組み込まれないのは辛いのだろう。

「ウォースパイトさんが入ったから、その練成を優先してるとか?」

あわてて衣笠が、思いついた理由を口にしてみる。
イギリスの戦艦娘ウォースパイトが鎮守府に加入したのは昨年の夏。
新規艦の集中練成のため、編成の枠が埋まってしまうのはよくあることだ。

「ウォースパイトの件は分かっているし、それは納得もしている。しかし、私が納得できないのは……」
「今度こそスクープの匂いです!」

青葉の目がキラーンと光り、エンピツをなめる。

「提督は、陸奥のことは頻繁に使っているんだ」

「ふむふむ……提督の偏愛が姉妹の友情にヒビを……イタッ」

話を脚色してメモしようとする青葉の頭を再びどつく衣笠。

長門の姉妹艦である陸奥の練度は、長門と肩を並べるほどに高く、今さらスパルタの集中練成が必要なわけではないが……。

「青葉は昨日、陸奥さんとカレー洋に行ってきました」
「そういえば、一昨日はむっちゃんとアルフォンシーノ海域に出撃したっけ」

青葉と衣笠にも思い当たるふしがあった。

「ほら見ろ、巡洋艦の枠は姉妹艦で交代させているのに、提督は私は呼ばず陸奥ばっかり……」

いじけてしまった長門を見て、青葉と衣笠は目を合わせる。
このままでは、青葉がメモしようとした、姉妹の友情の危機が事実になりかねない。

そこに諸悪の根源(?)である提督が現われた。

風呂に入って整髪料も落とし、軍装も脱いで部屋着として量販店の激安スウェットの上にドテラを着込んでいるので、寮住みの北国の大学院生ぐらいにしか見えない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析