ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
足柄のロースかつ定食

数年前、突如として世界中の海に現れ、人類から制海権を奪った災厄……。
かつて沈んだ艦船の怨霊と噂される、深海棲艦。

人類の兵器を一切寄せ付けない深海棲艦に対抗し得る唯一の存在は、妖精さんの協力により顕現した、在りし日の戦船の魂を宿す乙女、艦娘のみ。

この鎮守府の提督も、艦娘達と海の平和を守るために戦いながら、今日も飯を食う。


提督は、鎮守府庁舎の2階に設けられた、通信室にいた。
外洋での作戦指揮を行う、鎮守府の最重要施設の一つだ。

この鎮守府に協力してくれている妖精さんたちには、悪癖がある。
妖精さんたちの近くにある最新の機器類はすぐ壊れるという法則(グレムリン現象)だ。

そのため、この鎮守府の通信室には、半世紀以上前の旧式送受信機と、真空管を使った電子演算機が室内にどでかいスペースを占めている。

人類の生存を賭けて戦う最前線だというのに、ここではトランジスタさえ使っていない(使えない)のだ。


今、提督はある任務達成のために送り出した艦隊へ、針路指示を行おうとしていた。

妖精さんによって選ばれた、提督の権限は大きい。

司令本部である軍令部の立てた作戦を放棄することすら許されるほど、提督は独立した指揮権を持っている。

人類は妖精さんに力を貸してもらっている立場上、妖精さんの選んだ提督に対して、直接命令に従わせる権限を有しないからだ。
これを通称『妖精統帥権の独立』というそうだ。

そこで軍令部が、提督たちをある程度コントロールするために作ったシステムが『任務報酬』と『戦果褒賞』の制度だ。

軍令部が定めた様々な任務を達成したり、優れた戦果を挙げることで、提督とその鎮守府は報酬として、装備や資源などをもらうことができる。


そんな任務の一つに、南西諸島海域作戦というものがある。

定期的に発令されるこの作戦は、南西諸島海域の制海権を維持するために、同海域の敵主力艦隊を撃破せよというもの。

深海棲艦は沈めても沈めても再び湧き出してくるため、定期的な掃海作戦が必要になるからだ。

練度の上がった、この鎮守府の艦隊にとって、南西海域に出現する深海棲艦は、それほど脅威となる敵ではない。
適切な編成と装備で出撃すれば、ワンサイドゲームも珍しくない。

事実、数度にわたって繰り出した艦隊は、全て勝利をつかんでいる。
だが、それなのに……今回の南西諸島海域作戦がまったく達成できない。


『最大の敵は羅針盤なり』

提督の最も重要な仕事の一つに、妖精さんが羅針盤を回して決定した航路を、艦隊に伝えることがある。

何を言っているか分からないと思うし、提督も何(以下略)。

羅針盤はそもそも回すものじゃないのだが、それでも羅針盤を回して進路を決定しなければならないのだ。

作戦海域では、妖精さんが羅針盤を回して決めた方角以外に、艦隊を進めてはいけない。

それが妖精さん達との神聖な約束だ。
それを破った時、どうなるのかは誰も知らない。

最悪、妖精さん達の加護を失ってしまうのかもしれない。
どの提督にも、それを試す勇気はない。

だから提督は今日も羅針盤に従う。
従うのだが……。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析