ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
雷ときのこ餃子

珍しく、執務室の電話機が鳴った。

ダイヤル式の古い黒電話。
ファックスはもちろん、着信履歴だの電話帳保存だの、そんな機能は一切ない。

提督は受話器を取り、端的にこの鎮守府がある地名だけを伝える。

「木更津だ」
相手からも、聞き覚えのある男の声で、鎮守府のある地名の返答がある。

「桃」
「あなたのとりこ」

保安手順に則った、今月の花言葉による合言葉の確認なのだが……。

「君に、あなたのとりこ、なんて囁かれると鳥肌が立ちます」
「安心しろ、言った俺も虫唾がわいてる」

ここの提督と、木更津の提督とは、何の因果か高校の同級生だ。

「どうかしましたか?」
「うちの雷ちゃんが、お前のところの雷ちゃんと文通しているのは知っているな?」
「もちろん知っていますが……お互い忘れ去りたい事実ですね」

想像してみてもらいたい。

「元気ないわねー、そんなんじゃ駄目よぉ!」
「司令官、私がいるじゃない!」
「司令官! これからも、もっともっともぉーっと私に頼っていいのよ!」

などと甘やかされている鎮守府生活を、ノロケ交じりに互いの雷を通じて旧友にバラされるのだ。
しかも、互いの雷に話した、高校時代の想い出話は、すぐに相手の雷にも伝わる。

嫌いあっているわけではないが、互いに目をそらして接触を最低限にするのは、当然の流れだった。

「お前のところの雷ちゃんから、ひな祭りのことを書いた手紙が届いた」
「それが何か?」

「潮汁を飲んだ、ということなんだが……そのな、潮ちゃんの汁って……どんな……」

モゴモゴと言う旧友の言葉に、提督の目が細くなる。

潮汁。
確かに読み方も「うしおじる」だが、断じてこの電話の向こうの変態が考えているものではない。

「ハマグリのお吸い物のことですが、それが何か?」
「………………」
「………………」

「いやー、そうだよなー。美味しそうだよな!」
「で、それが要件ですか?」

「バッ、んなわけないだろぉ? ははは、冗談きついな、お前」
「……この後、横須賀に電話する用事がありましてね」

「妹は関係ねェだろぉ!」
あらかじめ耳元から離しておいた受話器から、悲鳴が聞こえる。

木更津提督の妹は、横須賀の提督だ。
漫画の剣道娘キャラを地でいくような質実剛健で潔癖な女子だ。

今の話が伝われば、普段から兄に向ける生ゴミを見るような視線が、ドブネズミを見るようなそれに変わるだろう。
生ゴミとドブネズミ、どちらが彼女の内で評価が高いのかは不明だが……。





「司令官、ご機嫌ね。どうしたの?」
提督が鼻歌交じりに料理を作っていると、キッチンに雷が入ってきた。

「今月は東京急行を多めにやろうと思ってね」
「珍しいじゃない、どうしたの?」

ここの提督は南方海域が嫌いだ。

毎月毎月、南方海域に進入する「門」を開けるために南方海域前面に戦艦群を投入して大量の資源を使わされるのも嫌だし、毎週のように発生する珊瑚諸島沖での装甲空母姫との殴り合いも嫌いだ。

深海棲艦の作り出す特殊な闇に常に閉ざされ、四六時中夜戦が発生するサブ島沖など、思い出しただけで寒気がする。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析