ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
武蔵と黒鯛

本当にひどい、二日酔いだった。

「あの、そろそろ……起きてください。第一艦隊、もう出撃しますよ?」

ああ、そうか。
僕は寝坊したのか……。

かすかに聞こえる声に、朦朧とした意識で提督は思った。

それにしても何かが重く、まだ春先のはずなのに布団の中がひどく暑い。

「ん……誰か抱きついてきてるから?」

提督は慌てて飛び起き……ようとしたが、胸の上と足に誰かが乗っかっている。
おまけに右腕にも、誰かがしがみついている。

自分も含め、布団の周りに漂うのはアルコール臭。
提督の私室なのは間違いないのだが……。

「うっ」
ひどい頭痛とともに、提督の脳裏に、昨夜の記憶が段々とよみがえってきた。


鳳翔の居酒屋で大和と飲んでいる最中、武蔵がやって来て、突然に提督の頭を自分の胸にうずめた。

怒った大和が提督を奪い返して、その頭を自分の胸に埋め……。

後は何やら乱入してきたメンツに次々と酒を飲まされ、混沌とした大宴会に突入した気がする。


そして、提督は自分の胸の上に突っ伏して寝ている人物を確認する。
昨夜、ブランデーベースの度数の高いカクテルを勧めてきたサラトガだ。

「私と同じ名前のカクテルなんですよ」
などという言葉に、ノンアルコールの「サラトガ・クーラー」を連想してしまい、口休めにと飲んでワンパン大破させられた。

スヤスヤと涼しい顔で眠るサラトガを横にどかし、腕に絡みつく人物を確認する。
足柄だった。

腕を引き抜こうとすると……。
「姉さん、もうよして……提督を酔い潰しても、何の解決にも……」

などと、悪夢を見ているのか苦悶の表情で寝言を言う。

そういえば妙高に、わんこ蕎麦のように際限なく日本酒をお酌され続けた気が……。


何とか足柄から腕を自由にし、布団の中にその手をつこうとしたら……。

「うわっ」
何やら、やわらかいものに手がぶち当たった。

布団の隙間から、見覚えのある色の髪がはみ出している。
一度店内で脱ぎ始め、ザラに強制送還されたはずのポーラだ。

この布団をあけるのは、相当まずい。
昨夜のおぼろげな記憶の中、宴会の後半、戻ってきたポーラは何も身に付けていなかった。

サラと足柄、そして足元の方から掛け布団を寄せてきて、見え隠れする白い物体をイモ虫のようにくるむ。


そうしながら、自分の足に乗っかる人物を見れば……高雄だった。
高雄も、相当に浴衣が乱れているが、幸いなことに、大破したときに比べれば大した露出ではない。

だが、高雄の豊満なバストに一晩押しつぶされたせいだろう、足の感覚が全くない。

提督は何とか足を引き抜こうとするが、痙攣した足がビクッと動くだけで、その度に高雄が変な声を上げる。


入り口の方を向けば、起こしに来てくれたのは吹雪だった。
その足元には、一升瓶を抱えたまま隼鷹が寝転がっている。

「吹雪、高雄をどけてくれないかい」
「駆逐艦1隻じゃ、高雄型重巡の曳航は無理ですよぉ」
「いや、普通に転がしてどけるか、高雄を起こすだけでいいから」

艦としての記憶を持つ彼女たちは、とっさに艦の基準で物事を判断することがある。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析