ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
長良とかき揚げ蕎麦

三寒四温とはよく言ったもので、日に日に暖かくなってきたと思った矢先、肌を刺すような寒気が吹き込み、また雪が降り始めた。

「今日の走り込み、終わりました!」

提督は、今日の秘書艦に長良を指名していた。
この元気一杯な軽巡洋艦娘は、こんな寒さの中でも日課の走り込みに行っていた。

「着替えるなら外に出ているよ」
ジャージを脱いで着替え始めようとする長良に、慌てて提督が言うが、

「下は艤装のブルマとスポーツブラだから平気ですよ」

(平気……なのか?)
確かに長良のブルマとスポーツブラなら、中大破した時に何度も見ているが……。

「あー、汗かいちゃった」
長良から甘酸っぱい匂いがして、提督の鼻をくすぐる。

青春時代、夕陽に染まる放課後の教室。
バレー部に所属していた、部活帰りの隣の席の女子が、荷物を取りに来て一言二言挨拶した。
その時の匂いを思い出した。

「…………長良」
提督が席を立ち、着替え中の長良に近づいた。

「え、何ですか?」

まだスカートしか履いておらず、上半身はスポーツブラのみの長良。
いくら自分でスポーツブラだから平気と言ったとはいえ、こう近づかれると照れる。

(汗……くさくないかな?)

そんな長良の心配をよそに、提督は長良の首筋あたりに顔を近づけ、あろうことか長良の汗の匂いを嗅ぎなおした。

(ふぇええええ~んっ)
心の中で妹の名取のような悲鳴をあげつつ、これから提督に何をされるのか、不安と期待とに胸を高鳴らせる長良。

そんな長良に、提督が言ったのは……。


「昼はかき揚げ蕎麦にしよう」





提督はその時の思い出話をしながら、長良をともなって大食堂に向かっていた。

大食堂の厨房には、麺ビジネス成功支援会社・大和製作所様のそば製麺機「坂東太郎」が設置してある。

ちなみに、同社のラーメン製麺機「リッチメンⅠ型」も導入したが、うどん製麺機「スーパー真打」も買いたいと言ったら、間宮に反対された。

当時は大食堂も建っておらず、間宮が設置場所に困ると言うので、ならば真打より小型の「スーパー若大将」もある、とパンフレットを見せて説得していたら、予算帳簿を持った大淀が入ってきて、そのこめかみには青筋が浮かんでいたので、提督も「アッ、ハイ」と言って退散するしかなかった。

この鎮守府に公務用の普通車が無いのは、その購入費を提督が厨房施設の購入に流用してしまったからだ。

この鎮守府の提督は「自動車が無くても電車やバスで十分」という、都会育ちの最近の若者感覚だったが、あの時に大淀が「スーパー若大将」の購入を阻止し、代わりに軽自動車タ○トに予算を振り分けていなかったら、今頃大変なことになっていただろう。

駅まで歩いて20分、路線は単線、非電化。
電車は1日に12本、基本的に1両編成。
ローカルバスも1日3便。

この陸の孤島で生きていくのに、車が無いのは首が無いのといっしょである。

しかし、大食堂が完成し、厨房が広くなった今、何とかして「スーパー若大将」いや「スーパー真打」を購入できないか、提督は虎視眈々と狙っている。
今年度出る庁舎整備費あたりが狙い目だ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析