ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
【番外編】重巡洋艦娘と飲み会

鳳翔の居酒屋の奥座敷。
妙高型の4姉妹は、これから提督と飲む約束をしていた。

先日、妙高が提督にひたすら酌をしまくり酔い潰した上に、足柄が提督の部屋に泊まり込んだことに対するお詫び、というのが名目だ。

妙高自身、途中から記憶が無く、気付いたら提督の部屋で寝ていたので、足柄や高雄、サラトガは見捨てて慌てて逃げ出した。

その時、玄関近くで寝転がっていた隼鷹を踏んでしまったり、後で聞いたところによると全裸のポーラが提督の布団に潜り込んでいたらしいが、それはどうでもいい。

妙高がプッツンと切れてお酌マシーンと化した直接の原因は、提督と大和、武蔵とのイチャイチャを見せつけられたからだが、問題の根底は別にある。

それは、この鎮守府の重巡洋艦たちの、ほとんどに共通する焦りを伴った疑問。

「重巡艦娘で初のケッコン艦は誰になるのか?」

順次、練度99に達した者からケッコンできると、当初は誰も順番にはこだわっていなかった。

提督は艦種ごとに均等にローテーションを組むので、その時期にも大きな差はないだろう。

しかし、ある日の「青葉タイムズ」に重巡艦娘とのケッコンに関する、提督への突撃インタビュー記事が載った。

そこには、提督の重巡洋艦娘たちへの、感謝やねぎらいの言葉が並べられていて全体的に良い記事だったが、最後に「極秘スクープを入手したが、提督との約束により発表できない。」という一文があった。

「はいはい、いつもの青葉」
と誰も相手にしなかったのだが、やがて「その極秘スクープとは何か?」という雑談の中から、一つの噂が流れ始めた。

「提督は、一番頼りにしている重巡を、ケッコン一番乗りにしようとしている」というものだ。

これも最初は「ないない」と否定的な意見が大半だったが……。
実際に、摩耶とプリンツ・オイゲンが練度99に達したが、提督はケッコンを申し込まなかった。

一時、摩耶とプリンツの落ち込み様は相当なもので、高雄、愛宕とビスマルクが提督を締め上げたものだ。

それにより「重巡艦娘で初のケッコン艦は誰になるのか?」が、鎮守府での大きな話題となった。

摩耶には申し訳ないと思いながらも、他の多くの重巡たちは胸を撫でおろすと同時に、自分が選ばれることを想像しては頬を染め、他の娘が選ばれることを想像しては落ち込み、落ち着かない日々を過ごしていた。

現在、残りの日本重巡17人は錬度98で横並びになっている。
つまり、全員に等しく可能性がある。

高雄は「どうせ改二じゃない私は選ばれませんよーだ」とヤサグレ始めているが……。


やがて、提督がやって来たが、席に着こうとした瞬間に、追ってきた大淀に呼ばれてしまった。

「ゴメン、ハンコを押し忘れた書類があるって。すぐに戻るから、注文しておいてくれるかい」
「はい、お待ちしています」

提督を見送り、店の手伝いをしている瑞鳳を呼ぶ。

「それじゃあ、1人3品ぐらいずつ適当に頼みましょう」
妙高は提案し、自分の注文を組み立てる。

お通しは、ホタルイカと長ネギのぬただった。
こういう季節ものを提督は好む。

(はまぐり)の時雨煮、ホッキ貝のサラダ、アスパラガスの土佐揚げ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析