ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
那珂と牡蠣の味噌鍋

艦娘寮の本館1階、ロビーの奥にある小座敷。
ここは夕飯時の大食堂の喧騒を避け、課外活動の会議をするときにも重宝されている。

囲炉裏を囲んで集まっているのは、川内型三姉妹に名取、阿武隈、能代、そして武蔵と最上だ。

「えー今回、鎮守府農志会に、うちの妹の那珂が参加することになりました。皆さん、よろしくお願いします」
川内が那珂を紹介する。

「艦隊のアイドル、那珂ちゃんだよー。よっろしくぅ~!」
とは言っても、すでに4年以上にわたって、この挨拶を聞き続けてきた参加者たち。
当然、拍手はまばらだった。

「うむ、歓迎するぞ」
「ヨロシクね!」
「あ……こ、これで全水雷戦隊がそろいましたね」
「あたし的にはとってもOKです」

それでも気を使い、温かい歓迎の言葉をかけてくれるメンバー。

(とうとう農業デビューかあ)
歓迎されて嬉しいが、ちょっと心中は複雑な那珂だ。


この鎮守府の艦娘寮は、遠洋漁業で莫大な財産をなした、隣町(現在では市になっている)の大きな漁港の網元が、昭和の初期に道楽で建てた温泉旅館だ。

その温泉は裏山から湧き出しているので、旅館を建てるにあたって網元は山全体を買い取った。
さらに、旅館から山を挟んだ反対側の一帯の台地も、山と一続きの土地として登記されていた。

その一帯は荒地だったらしいが、網元の知り合いの農業を始めたいという者に貸し出され、きちんと借地契約も登記され、農地として開墾された。

戦後、網元の家が破産し、東京の観光会社や不動産会社などの手を転々としたこの旅館だが、付属する山向こうの土地は貸し出されたまま、借り主の一家が代々暮らし農業を営んできた。

しかし今回、この鎮守府を作るために裏山を含む土地を海軍が取得することになり、この農家の立ち退きが決まった。

海軍としては、一応は軍事施設である鎮守府の土地を民間人に貸していて、万一空襲で被害でもあったら大変な責任問題になる、というのが理由だ。

本当に空襲があれば、距離的には真横にある漁港の方がヤバイのだが、そこは純粋な民間の土地だから、他省庁から出向してきた本部管理部門の役人連中にとっては知ったこっちゃないのだろう。

こうして、この鎮守府にはけっこうな広さの農地が付属することになったが、『自治・自炊・自足』の精神を是とするこの鎮守府が、これを放っておくわけがない。


高齢となり、妻と息子には交通事故で先立たれ、嫁に出した娘が産んだ孫の顔も見れた。
すでに農地全体には手が回らなくなり、利益も出ず半ば道楽と惰性だけで続けている農家なら、もう自分の代で廃業してもいい。

と、立ち退きに同意したおじいちゃんのところに押しかけ、農業指導をお願いしたのだ。
提督と艦娘のみんなは苗字の一字をとってミヤ爺と呼んでいる。

そして、この農地を「訓練地」と称し、勝手に農業サークルを立ち上げてしまった。





「それじゃあ、まずは恒例、アクティの使用日調整から」

この鎮守府には、2台の軽トラックがある。

天龍が「ヴァイスドラッヘ号(白龍号)」と呼んでいる、運送用のダイハツのハイゼット。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析