ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
金剛と助六寿司

珍しく、執務室の電話機が鳴った。

ダイヤル式の古い黒電話。
提督は受話器を取り、端的にこの鎮守府がある地名だけを伝える。

「横須賀です」
相手からも、聞き覚えのある女性の声で、鎮守府のある地名の返答がある。

「アカシア」
「……秘めた愛」

保安手順に則った、今月の花言葉による合言葉の確認を済ます。

「あなたから電話をくれるなんて珍しいですね」
「先生こそ、珍しく5-5に出撃しましたね」

横須賀の女性提督は、ここの提督の旧友である木更津提督(「雷ときのこ餃子」参照)の妹で、学生時代に家庭教師をしてあげたことがあるので、いまだに「先生」と呼んでくれる。

5-5とは、提督間でのサーモン海域北方の通称である。

「珍しく愚兄から電話があり、5-5の出撃計画を聞かれたかと思えば、直後に先生の艦隊が出撃。先生が戦果争いにやる気を出したのかと思えば、また引きこもる……少し不思議に思ったので、理由をお尋ねしてみようかと電話しました」

優れた戦果を挙げた提督には、本部である軍令部から特別な報酬が出る。
特に横須賀は、常に戦果首位を争っている強豪だ。

「戦果争いは一度でこりました。あんな忙しい毎日はごめんです」
「ではなぜ5-5に一度だけ? ご存知とは思いますが、勲章が欲しいなら5回撃破が必要ですよ」

難関海域の敵主力旗艦を一定数撃破することで、勲章も授与される。
この鎮守府に大和型を含む決戦艦隊を、複数回出撃させるような備蓄資源など無いが。

「そうですね……レ級の顔が久しぶりに見たくなっただけです」
「そうですか……はい、先生はお優しいですからね」

どうやら、艦娘におねだりされて出撃を許可したのを見抜かれたらしい。

「では、愚兄に横須賀の出撃計画を聞かせたのはなぜですか?」
「ううん……」

「潮汁」の話をしたくなったが、木更津提督との約束もある。
提督が口ごもるが……。

「……結構です。何か邪なものを察しました。後で制裁しておきます」

受話器の向こうで、ドブネズミを見るような目を、東京湾を挟んだ対岸の木更津に向ける、横須賀提督の姿が容易に想像できた。

「よく分かりますね」
「不本意ながら20年以上、あの汚物の妹をやっていますから」

心の中で、木更津提督に「ごめん」と誠意のない謝罪をしておいた。

「それでは失礼します。私と長電話をしていると先輩も困ったことになるでしょうから」

謎の言葉を残し、素っ気なく電話が切れた。
横須賀提督は高校と大学の後輩でもあり、ときどき「先輩」と昔の呼び方をしてくれる。


提督が受話器を戻した途端……。

「目を離さないでって言ったのにィー! 提督ぅー、何してるデース!?」

今日の秘書艦である金剛が怒っていた。

「何って、電話してたんだろ?」
「秘書艦の私を放っておいて、横須賀の提督と楽しそうに長電話なんて……ひどいデース!」
「いや、楽しそうだった? それに長くもないよ」
「提督にはそうじゃなくても、横須賀の提督にはきっと楽しくて長い時間だったネー!」

(金剛も意味不明なことを……。というか、よく横須賀が相手だって分かるな)

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析