ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
天龍と龍田とコロッケパン

元が漁港であるこの鎮守府には、荷物の積み降ろしを行うクレーン設備などない。
そこで荷物の積み降ろしに活躍するのが、軽トラックの荷台に設置されたミニクレーンだった。

「おーいチビども、もう少し離れろ」

ミニクレーンを器用に操り、定期輸送で本部から送られてきた補給物資を海から吊り上げているのは、軽巡洋艦娘の天龍だ。

この作業を業務として行うには「玉掛け特別教育」という講習を修了して、「玉掛作業者」という国家資格を取得する必要がある。
艦娘は人ではなく、名目上「海軍の兵器」となっているので、無資格で操っても問題はないのだが、天龍はこの講習をきちんと修了してきた有資格者で、実際に操作も鎮守府で一番上手い。

「全物資、陸揚げ完了。第八駆逐隊、これより作業艇の返還に向かいます」

第八駆逐隊のリーダー朝潮が天龍に報告し、作業艇を曳航して湾外に待機している補給艦へと返却しに行く。

「しっかし今回も少ねーなー」

大手の鎮守府では山のような物資が届けられるのが日常だそうだが、天龍は着任以来、この鎮守府にそんな大量の資源や資材が届いたのを見たことがない。

本部からの補給量は、任務達成や遠征成功の報酬で加増される。
ここの提督は任務や遠征を積極的にこなさないから、補給は毎回すずめの涙だ。

「たくさん届いても置いとくとこが無いけどねぇ。天龍ちゃん、出すわよ~」

軽トラの運転席で、天龍の姉妹艦娘である龍田がアクセルを踏み、荷台にいた天龍はバランスを崩す。

「わっ、急に発進させんな!」
「え~?」

ガクン!と軽トラが急停止し、天龍がつんのめる。

「急ブレーキもやめろ! 龍田、絶対わざとだろ!?」
「うふふ~♪」





天龍と龍田は倉庫への搬入を終え、報告のため鎮守府庁舎に向かった。

フロントサッシの引き戸を開けると、応接ソファーが置かれた狭いロビーがあり、横には病院の受付のような小窓のついた小さな事務室がある。

「足柄さん、終わったぜ」

天龍が事務室に詰めていた当番の足柄に声をかけ、倉庫のカギを返却する。

「はーい、ご苦労様」
「お疲れ様です。天龍さん、龍田さん」

足柄の脇から、提督のサポート役である軽巡洋艦娘の大淀が2人に声をかける。
普段、大淀は2階の会議室や通信室にいるのだが……。

「大淀さんがここにいるってことは、今日の出撃もう終わりか?」
「ええ、バシー島沖で2回連続、敵の補給艦も空母も捕捉できなかったので、もう任務達成は諦めるそうです」

「あらあら、羅針盤妖精さんたちイジワルね~」
「根性ねえなあ、よその鎮守府ならオリョールに潜水艦出して、何とかすんじゃねーの?」
「こないだ演習で会った佐世保の子の話だと、補給艦も空母もサーモン海域で東京急行作戦のついでに沈めるのがトレンドらしいわよ」
「あ、そりゃ無理だ。うちは南方海域なんか滅多に行かないからなぁ」

「それで、奥で提督がお呼びですよ。港湾作業のご褒美があるそうです」

大淀がそう言いながら、ヤレヤレといった調子で肩をすくめる。

2階へと上がる階段の向かいにはトイレと艦娘の入渠施設である特別な霊薬が張られたお風呂場があり、さらに奥には、4人がけテーブルが2つ置かれたキッチンがある。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析