ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
叢雲とマーボー豆腐

風は弱く、穏やかな陽光に照らされた海面がゆらゆらと揺れている。

鎮守府の沖合10Km、2級小型船舶操縦士免許の航行区域である5海里をわずかに外れた位置に、艦娘たちが深海棲艦領域への出撃や、他地域への遠征航海などに使う「門」がある。

青い猫型ロボットの国民アニメに出てくる「()()()()つながる()()」のように物理的な「門」が存在するわけではなく、艦娘や妖精さんにしか感じることが出来ない空間的・観念的な存在だ。

また、この「門」から別の海域に出るには、出口側にも「門」が存在していることが必要で、門同士が術的につながっていなければ、向こう側に出ることはできない。

新規の鎮守府の仕事は、まず移動できる範囲を広げるため、出口となる「門」を設置していくことであり、これは「海域攻略」と呼ばれる。

提督の間で通称2-4と呼ばれる沖ノ島沖や、3-2と呼ばれるキス島沖、4-4と呼ばれるカスガダマ沖などが、「門」設置の難所として新人提督の前に立ちふさがる。

そして通称5-1、南方海域前面。
南方海域進出作戦を成功させ、この海域に橋頭堡たる「門」を設置しても、最前線であり深海棲艦の瘴気が強いこの海域では、「門」の術的効果が1カ月もすると失われてしまう。

そこで毎月、本部から新しい「門」を設置するために「水上打撃部隊で南方海域へ進出、敵艦隊を撃滅せよ!」という命令が、各鎮守府に下されることになるが、妖精さんによって選ばれた提督の権限は大きく、本部の立てた作戦を放棄することも許される。

一方で本部が、提督たちをある程度コントロールするために作ったシステムが『任務報酬』と『戦果褒賞』の制度で、この作戦を成功することで鎮守府は結構な報酬を得ることができる。

その合間で、この鎮守府では毎月のように、南方海域大嫌いな提督がジレンマに陥ることになる。


こと食に関すること以外には、基本的に優柔不断でのんびり者の、ここの提督。

横須賀提督のような計画力や、呉提督のような精神力、佐世保提督のような行動力をもって、提督らしい毅然とした決断を素早く下すことなど、なかなかできない。

大破撤退と羅針盤のリスクを考えては止めようかと思い、報酬は捨てがたいと思い直すが、消費資源と比べると……と堂々巡りの思考を続けている。


どうせ毎月、最後は結局出撃するのだからスパッと決めればいいのに、と大淀は思う。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析