ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
【番外編】海風と妹たちとホワイトデー

この鎮守府の沖合では三つの潮流がぶつかり混じり合う。
複雑な潮境の中で、多様性が極めて高い豊かな生態系が形成される、世界有数の漁場となっている。

この日、海風たちの第二十四駆逐隊は漁場の警備任務についていた。

艦娘が深海棲艦領域に出撃するのに欠かせない「門」だが、副作用として、深海棲艦も「門」を通って本土近海にも出現してしまうことになる。

人類側が設置した「門」は、結界を施すことで姫や鬼を含む大物の深海棲艦が通れないようにしてあるが、駆逐艦のような小物は結界の網をすり抜けてしまう。

しかも、深海棲艦の側でも「門」を開いて潜水艦隊や軽空母部隊などを送り込んで通商破壊戦を仕掛けてくるから、本土近海といえども油断はできない。


結局は、毎日のように通称「1-1」と呼ばれる、はぐれ深海棲艦狩りなどの掃討作戦を行いつつ、パトロールを強化するしかないのが現状だ。

海風に従うのは、江風、山風、涼風。
警備は3人で十分なのだが、姉妹の中で錬度のやや劣る山風との隊列訓練を兼ねて、駆逐隊全員を連れてきている。

早朝に、飛鷹を旗艦とする五十鈴、夕張、島風の艦隊が、通称「1-5」と呼ばれる対潜哨戒作戦を実施していたので、鎮守府の周辺に残敵はおらず静かなものだった。

「第二四駆逐隊、母港に戻ります。皆さん、最後まで気を抜かないで!」
海風が帰投の指示を出す。

「ほいほい~。山風、涼風、帰りは競争な!」
「がってんだ! 涼風の本気、見せたげるぅ!」
「江風……と涼風も、もう油断してるし……うるさいし」





「艦隊、無事母港に帰投しました。大変お疲れ様でした。ふぅ……」

簡単な遠征の場合、港に着いたらホースの水で艤装の潮を洗い落とし、自分で工廠に返却するのが、この鎮守府のルールだ。

「うわっはーい!」
「やったな、江風の姉貴!」
「やめて…冷たいから。……冷たいでしょー!?」

元気のいい駆逐艦娘たちがホースの水で遊び出すのもお約束。

「きゃあっ、やめな……きゃっ」
水かけっこが始まり、海風もしっかりズブ濡れにされてしまった。

もう冬は終わったとはいえ、春が来たわけではない。
屋外で水を浴びれば、とにかく寒い。


艤装をとっとと返却して、着替えの下着とジャージを受け取り、寒さにガタガタ震えながらみんなで庁舎に向かう。

フロントサッシの引き戸を開けると、狭いロビーの横には病院の受付のような小窓のついた小さな事務室。

「筑摩さんっ、風呂は空いてるかい!?」
涼風が事務室詰めの今日の当番、筑摩に尋ねる。

「ええ、今は誰も入ってませんよ」
「ラッキー♪」

早速、江風と涼風がビショビショの服を脱ぎながら、風呂場へと向かう。
この鎮守府庁舎は、もと漁協事務所で漁師の休憩所も兼ねていたので、水には強い。
床は滑り止め加工の防水タイルだ。

海風も濡れて張り付く服から早く解放されたいが、さすがに提督がいつ現れるか分からない廊下で脱ぐ勇気はなく、脱衣所までガマンする。

大人しい山風も、海風の後をとぼとぼとついてくる。


庁舎のお風呂場は本来、深海棲艦から攻撃を受けた際の穢れを落とす霊薬の張られた入渠施設であり、本来は傷ついた艦娘のためのものだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析