ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
不知火と鶏がら飯

鎮守府の裏手の山を北の陸側に回り込むと、隣の山との間に細長い竹林がある。
法律的には隣山にある神社の所有ということになっているが、古くから集落の共有財産として守り育まれてきた竹林だ。

その竹林のさらに奥には小さな洞窟があり、岩清水が湧き出している。

周囲の山々に積もった雪融け水が、長い年月をかけて地下に浸透しながら自然にろ過され、澄み切った地下水として溜まったもので、口当たりが非常にまろやかだ。

現在の艦娘寮になっている旅館を建てた際に、旅館のオーナーである網元が寄進したという立派な鳥居に守られながら、洞窟の奥から引かれた水道管を通じて各家庭や鎮守府に、清らかな水の恵みをもたらしてくれている。

この辺りの家庭では戦後になってダム水から水道が引かれた後も、料理や飲用にはこちらの水を使い続けており、一家庭に二水道が常識となっているほどだ。

鎮守府でもこの水を利用させてもらい、代わりに地元対策予算を使って老朽化していた水道管と配水網の工事を行い、水源の維持管理も引き受けている。

提督も週に一回、動物や虫などの侵入対策に張られたフェンスやフィルターの点検を行っている。

「よし、異常なし」
チェック用紙に記入し、鳥居に向けて二礼二拍一礼、水神様に感謝を捧げる。

そして振り返る提督の視線の先には……。

「ふふっ」
「……不知火に落ち度でも?」

ついてこなくていいと言ったのに、ローファーの靴を履いたままついてきて、盛大にすっ転んだ不知火が、泥だらけで憮然(ぶぜん)とした表情を浮かべていた。

自慢の白い手袋も、手をついたときに泥まみれになり、それで顔をこすったものだから、白いほっぺたにも茶色い線が描かれてしまっている。

「何ですか? その……不知火の顔に何か?」
殺し屋のようなすごい眼光を向けてくる不知火。

「さあ、戻ってお風呂に入ろうか」
「司令……言いたいことがあれば言ってください。司令?」





鎮守府庁舎に戻り、不知火を風呂場に押し込んだ後、提督はキッチンで朝から仕込んでおいた鶏ガラスープの味を見た。

一晩水にさらしアク抜きした丸ごと三羽分の鶏がらを、昆布を浸しておいた水で、長ネギ、しょうが、ニンニクとともに、トロ火で3時間じっくりと煮込んだものだ。

途中、浮かんでくるアクを丁寧に取り続けてやるのが、手間はかかるが澄んだ味にするポイント。

水源の検査に行く直前まで煮込まれ、粗熱がとれた今……旨味が炸裂するスープとなっていた。

「よしよし」
満足し、スープをザルで漉して(こして)、鶏がらと分ける。

このスープに、別に夜通し煮込んで作っておいたゲンコツスープと、煮干しとサバ節のダシ汁、醤油ダレを混ぜてブレンドすれば、味に奥行きのあるラーメンスープの完成だ。


「提督。手伝っていただいて、ありがとうございます」
キッチンに顔を出したのは神通だ。

先日、提督は神通から、食堂で第二水雷戦隊が出す「華の煮干しラーメン」の相談を受けた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析