ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
間宮の羊羹

この鎮守府の艦娘寮の庭の奥には、木々の間に溶け込むようにして、鄙びた(ひなびた)田舎屋のような風情の藁葺き(わらぶき)屋根の茶室が建っている。

玄関を入ると三畳の次の間、八畳の書院造りの和室と水屋があり、三畳半の茶室につながる。

通常の水屋は茶室の隅に設けて、茶事の用意をしたり茶器を洗ったりする所だが、ここの水屋は広めで台所としても使えるし、水屋の奥には内風呂があり、トイレも備えられている。

艦娘寮を増改築する際に、昭和中期に火事で焼失したままという茶室を、昔の資料や白黒写真をもとに、建築妖精さんたちに再建してもらったものだ。


再建してみて分かったことだが……。

ここは、茶室に名を借りた「離れ」であり、男女の逢い引き(あいびき)に使われていたのではないかと推測できた。

家族サービスとか観光旅行なんて言葉もなく、交通網も貧弱だった戦前に、何ら名所もない辺境の高級温泉旅館に、わざわざ高額を払ってまで泊まりにくる客とは……。

この旅館全体に言えることだが、要するに政治家や豪商、高級軍人や官僚、著名な文化人が、愛人や芸者を連れて人目を避けて泊まりにきていたのが、初期の常連客らしい。

その中でも、この茶室付きの離れはVIP用の高級室だったらしい。
鄙びて(ひなびて)いるのは外観だけで、建物の中身は質素どころか豪華絢爛(ごうかけんらん)

ワビとかサビとかの境地には程遠く、吉原の遊郭を思い起こさせる豪奢(ごうしゃ)艶やか(あでやか)な凝った造りになっている。

一見、日当たりのいい明るい居間風の書院だが、雨戸を閉め切って行灯(あんどん)に火をともしてみれば、陽光の下では焦げた茶色に見える巧妙な色使いの窓枠が朱色に浮かび上がり、透かし彫りの妙技による鯉の陰影が金箔を張った天井を泳ぐ、一気に妖しい空間となる。

玄関を上がった次の間、そこから書院(とは名ばかりの淫らな寝室)に続く(ふすま)には、もう一枚木戸を閉めることができる。

つまり、宿の従業員に対する「今はアレだから入ってくるな」の合図である。





提督は意外とこの離れを好んでいて、艦隊指揮につかれた時、たまにこの離れでくつろぎながら読書や思索にふける。
読書といっても読むのは厨房機械器具のカタログ、考えているのはこの後何を食べるかというくだらないことだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析