ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
村雨とアジフライ

昨日の冷え込みが嘘だったかのように、ぽかぽかと陽光が降り注ぐある日。

村雨の率いる第二駆逐隊は、鎮守府から裏山を挟んだ反対側にある「訓練地」に、農作業にやって来ていた。

全員、鎮守府で配布されているエンジ色の体操ジャージに、鎮守府名の入った黄色い蛍光色のウィンドブレーカー、手には軍手、足下はゴム長靴。
腰には汗拭き用のタオルをぶら下げ、まるで田舎の中学校の農業体験実習のような姿をしている。

「ここが夕立たちの畑っぽい?」
夕立が、広大な畑の中の一角に、ロープで区切られた区画を見つけた。

「そうですね、ここです」
春雨がロープに「四水戦」という札がついているのを確認する。

「他のとこより狭い?」
春雨が周りの自分たちの区画を比較する。
ビニールハウスが建っている二水戦の区画は、こちらの10倍ほどの広さがある。

「空いてるところ、いっぱいありますけど……」
五月雨も辺りを見回すが、遊んでいる土地はまだまだある。

「うー、ケチッぽい!」
夕立が怒るが、後ろから頭をコツンと叩かれた。

「そういう生意気なことは、この1(たん)ちゃんと耕してから言いなさい」
「無理はあかんでぇ。ウチらは最初の年、いきなり3(たん)から始めてホンマ地獄見たわ」
二水戦に所属する、陽炎と黒潮だった。

「この広さが1(たん)?」
「そっ。約10アールよ」
「素人には分からんわなぁ。約1000平方メートル、坪数だと約300坪や」

春雨の問いに陽炎が答え、黒潮が苦笑しつつ解説を入れるが、まったく想像がつかない。

「あっちで作業してるから、分からないことあったら聞きに来なさい」
「ほな、気張りや~」

立ち去っていく陽炎と黒潮だが、2人ともタオルを首に巻いて麦藁帽子もかぶっている。

「なんか、慣れてるっぽい」
「こっちも真似して、カッコから入っとく?」
腰にぶら下げていたタオルを首に巻く村雨たち。

「それじゃあ、草刈り開始よ」
「はーい」
「ぽいっ」

三角ホーという、その名のとおり長い柄の先端に三角形の鋭利な鉄板がついた除草用の農具で、地面を掃いて雑草を刈っていく。

「こう、しっかり押さえて、斜め45度に手前に刈り取るのよね」
「ぽいぽいぽい~」
「わわわ、夕立姉さん、危ないからホウキみたいに左右に振らないでください」
「刈るだけじゃなくて、根っこごと削り出せって、那珂ちゃんさんが言ってましたよ」

「お~う、やってるね、おチビちゃんたち」
巡回に来た鬼怒が声をかけてきて、「春雨ちゃん、もっと土を撫でるように引いて」などとアドバイスをしてくれながら、手にした道具でプチプチと雑草を引き抜く。

「鬼怒ちゃん、さん? それ、村雨たちの道具と違うみたい?」
鬼怒が使っているのは、長い柄の先に(あぶみ)のような輪っかが付いた道具だった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析