ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
曙と釣り船料理

鎮守府の目の前に広がる湾の先端、東の半島からゆっくりと日が昇ってくる。
淡い黄色に染まっていく空の下、穴を開けた灯油缶で焚き火をする「手あぶり」で暖をとりながら、F作業の準備にいそしむのは、阿武隈率いる第一水雷戦隊の面々。

第六駆逐隊の、暁、響、雷、電。
第十七駆逐隊の、浦風、谷風、磯風、浜風。
第二七駆逐隊の、白露、時雨。

そして提督(仕事はいいのか)と、秋刀魚漁からドハマリし、非番の日にもF作業(要するに釣り)に同行するようになった曙。

ほとんどの艦娘がいつものごとく、鎮守府で配っているエンジ色のジャージ姿とゴム長靴の上に、厚手のオレンジ蛍光色の防水防寒ブルゾンという実習スタイルだが、曙だけは本格的な釣りウェアに身を包んでいる。

一水戦の残り、初春たち第二一駆逐隊は朝食後、長距離練習航海と称して伊豆半島沖にアオリイカを釣りに行く予定だ。


ドルルゥルッと、低い不安定なエンジン音が響く。

この鎮守府が誇るレストア漁船「ぷかぷか丸」。
岸壁に係留されていたのを、阿武隈が操船してきて桟橋へと横付けした。

みんなでリレーして釣り道具や食糧、炊飯器を積み込み、焚き火の火に気をつけながら「手あぶり」を船に移して、全員船に乗り込む。

今日は朝食前から出船しマダラ釣りの予定だ。

穏やかな朝の潮風に吹かれながら、「ぷかぷか丸」が湾内をゆっくり進んでいく。
頭上には舞い飛ぶ海鳥の鳴き声。

そんな中で食べるおにぎりは最高だ。
定番の塩鮭と、ネギマヨをつけた唐揚げ、そして野沢菜を混ぜ込んだ俵にぎりの三種類。

包装は海に落としても汚染しないようにと竹皮を使っているが、エコばかりでなく見た目も美しく、天然の抗菌性と通気性にも優れるメリットがある。

おにぎりを食べ終えた頃、最初のポイントへ船が近づいてきた。

駆逐艦娘たちが釣竿の準備をはじめ、提督は操舵室に入って、まだ朝食をとっていない阿武隈に、おにぎりの包みを渡した。

「ありがとう」
「舵は浜風に見てもらうから、食べちゃいな」
「うん」

提督は船舶免許を持っていない上に、ひどい平衡感覚音痴なので操船はできない。
今も悪気や下心はないのだろうが、横揺れに倒れかけて、浜風の腰にしがみついている。

(駆逐艦より、軽巡の方が凌波性がいいんだから、あたしにつかまればいいのに……)
情けない提督の姿を見ながら、阿武隈は朝食のおにぎりを口に押し込んだ。


「零式水中聴音機に感あり。静粛航行にて接近します」
浜風が魚群を感知し、ポイントを決定してエンジンの回転を落とす。

珍しく提督が「戦果稼ぎ」をした時に本部から報酬でもらった装備だが、そもそも対潜攻撃に向かない大型艦用のソナーという使い所の難しい装備であり、普段は「ぷかぷか丸」の専用装備と化している。

シーアンカー(水中で開くパラシュートのような、イカリの一種)が落とされ、エンジンが切られる。

ポイントに到着し停船すると、それぞれ仕掛けを準備しながら待つ。

「目標海底、水深180メートル。潮流遅め、準備いいですかー?」
情報を伝達しつつ、船頭役の阿武隈が全員の準備を確認する。

「皆さーん、投下してくださーい!」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析