ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
吹雪とモツ煮込み

鎮守府庁舎の2階に上がると、階段の前には給湯室とトイレ、6畳の休憩室がある。
その右手、建物の陸側の奥には、会議室と無線室。
そして左手の海側には、漁協の組合長室を流用した提督の執務室がある。

コンコンと、半開きになっているベニヤ板製の安物ドアを軽くノックし、装備改修の報告をしようと明石は執務室に入ろうとしたが……。

提督の執務室は、たくさんの艦娘と重苦しい雰囲気で埋められていた。

「あっ」
明石は、提督の背後の壁に掛けられた図上演習セットが、沖ノ島沖のものであるのを見て察する。

ここ数日間、沖ノ島沖に戦闘哨戒に出撃した艦隊はことごとく、同島北西に展開する深海棲艦隊が形成した闇のような空間に引きずりこまれて夜戦にいたり、大破する艦が続出していた。

今日は妙高型四姉妹の第五戦隊と利根、筑摩姉妹という、全員第二改装までしている非常に強力なメンバーで挑んでいたのだが、室内の重い空気からして、また大破撤退となったらしい。

さらに……。

「北周りのルートは諦め、南から戦艦と正規空母主体で攻めよう。この長門が必ず敵を殲滅してみせる!」
「一航戦、いつでも出られます」
「あぁ……あの海域ですか? 鎧袖一触です」

「いや、それだと資材を使いすぎる。中央突破だ。大丈夫だ、俺を信じろ」
「提督さんのためなら、夕立まだまだ戦えるっぽい!」
「艦隊の防空は僕に任せろ、心配するな」

「私の計算では、次は北ルートでも敵主力まで到達できます」
「提督がもう一度……三隈を選んでくれるなら、活躍できます。入渠中のモガミンも、きっとそう思ってますわ」
「おぉ、目が冴えてきた。力がみなぎってきたよ!」

作戦修正を巡って、様々な意見が対立しているらしい。


「提督、装備の改修が終わりました。吹雪ちゃんに手伝ってもらって、61cm三連装酸素魚雷の雷撃力が増加しましたよ」
「ああ、ありがとう」

一応、明石が吉報を伝えるが、提督は力なく答えるだけだ。

「ここは譲れません」
「赤城や加賀に負けないかなって……そりゃ~無理か~…あははははは……」
「提督、ぜひ四戦隊に名誉挽回の機会をください」

「司令官、どうかしましたか?」

明石に続いて執務室に入ったきた、今日の秘書艦である吹雪が尋ねると、ワイワイと論争を続ける艦娘たちの合間から提督はそっと顔を出した。

「お腹が空いた」

悲しげなか細い声でつぶやく。

またもや大破撤退となり、さらに様々な意見を突きつけられて、もともと豆腐のように脆い提督のメンタルが、ついにグッチャリ潰れたのだろう。

「お昼にしましょう、司令官!」

初期艦であり、素の提督を最もよく知る吹雪は、こういう状態になった提督が猫より役に立たないのを熟知している。

「美味しいものを食べてから、また考えましょう。皆さん、いったん解散でお願いします!」





吹雪は提督を引っ張るようにして、大食堂にやってきた。
吹雪と提督は周囲の艦娘に挨拶しながら食堂の奥に進み、窓際の席に着く。
昼食は注文方式なので、とりあえず日替わりのメニュー表を確認。

「司令官は何にしますか?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析