ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
【番外編】日常とバレンタイン

この鎮守府では、自前の漁船を保有していた。
廃業した老漁師がタダで譲ってくれた、何年も野ざらしにされていた木製50フィート(15メートル強)船。

地元造船所で40年以上前に製造されたようだが、その造船所はすでに無くなっていて正確な型式や年式は不明だ。

そのレストアの面白さにとりつかれたのが、明石と一部の軽巡洋艦娘たちである。

錆を落とし、塗装をはがしてボロボロの船体を修復し、バウに入った亀裂を埋め、キールを補強し、新たにプロペラを作り直し、マスキングしてスプレーガンで再塗装。
エンジンは不稼働だったため、廃棄する艤装まで流用して修理した。

こうして、ボロいというより廃棄物に近かった船は、外見だけはピカピカになって蘇った。

名前は「ぷかぷか丸」。

嵐の外洋などに出るのは危険だが、沿岸での釣りでは大活躍していた。
釣り手12人と、操船者1人の13人が定員だ。

一応、書類上の建前では「作業艇」ということになっていて、提督の演習見学や標的ブイの設置などにも使われる。


真冬は魚の活動が鈍って釣果が落ちるので、陸に上げての整備作業はこの時期に行われる。

「パネルの取り外し終わったニャ」

操船席のパネルを外し、船上から下ろす多摩。

「受け取った。もう手離していいぜ」

そのパネルを妹の木曾が地面から受け取る。

「今度はハンドルを油圧式に改造するんだって?」
「本当、ただの道楽だよね~」

作業を大井と北上が呆れ顔で見ている。

そんな大井と北上を、球磨型姉妹の次女である多摩がジロッと睨み付け……。

「球磨がさっき、提督のとこから戻るまでにイケスの掃除が終わってなかったら昼飯抜きだクマ、って言ってたニャ」

長女の名前を出されたとたん、船のイケス掃除を命じられていた大井と北上は慌てて走り出した。

「当番の第二一駆逐隊、モップ持って急いで集合!」
「二一駆って……初春型だっけ? 駆逐艦、多すぎてウザい」

「フジツボ、覚悟っ!」

船底についたフジツボをこそぎ落としているのは川内だ。

「多摩ちゃ~ん、油圧ステアリングキット持ってきたわよ」

工廠から出来たばかりの改造キットを持ってくる夕張。

「夕張、遅いニャ」
「しょうがないじゃない、パーツが重いんだから」

「いいぞ、アリだな!」
「いいじゃーん!」

新品パーツに目を輝かせる木曾と川内。

「でしょでしょ、明石さんと図面から起こしたワンオフものよ」

よその鎮守府では、工廠はフル稼働で大忙し、明石も毎夜遅くまで泊地修理に追われているという噂を聞く。

しかし、ここの鎮守府では、建造や開発の数は本部の求めるノルマの1/4以下、修理にしても艤装が少しでも傷ついた艦娘は即入渠、小破以上は迷わずバケツ(高速修復材)という方針なので、明石も普段は暇を持て余している。

「お、やってるやってる」

遠征から戻った長良が様子を見に来た。
長良が行っていたのは「警備任務」。
県内の漁港をいくつか回って、深海棲艦の目撃情報を聞き込んだが本日は「目撃0」。

「よーし、手伝うよ。昼には五十鈴も戻るから、陽のあるうちに一気にやっちゃおう」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析