ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
大鳳と肉まん

艦娘寮の本館1階。
大きく突き出した堂々たる玄関口は、高野山金剛峰寺の門構えを模している。

もともと、昭和初期にマグロの遠洋漁業で莫大な財をなした網元が、道楽で金に糸目をつけず全国から名工を招いて建てさせた旅館というだけあって、日本建築の粋が込められている。

艦娘たちが気軽に靴を脱ぎ散らかしている沓脱石(玄関の土間と板間の段差を埋める石)も、さる大名屋敷に使われていた銘石だ。

『靴はきちんと靴箱に!』とか『玄関に靴は一人一足!』とか『ストーブで服を乾かすな!』とか『舞風ここで踊るべからず!!』とか無粋な標語がベタベタ貼られた柱や壁にしても、今では寺社の補修に用いるなど、特別な許可がなければ伐採できないランクの天然国産木材が惜しげもなく使われている。

もちろん、そんなことは艦娘たちには無関係。
ここはあくまで『我が家』であって、愛着はあっても生活の舞台でしかない。

だから、ミカンの箱で手がふさがった摩耶が足で玄関を乱暴に開けたりするのも、数寄屋大工が丹精込めた透かし彫りの欄間にポケモンシールが貼ってあったりするのも、仕方ないことだ。

玄関から館内に上がると、大正ロマンを感じさせる和洋折衷のロビーがゆったり広がり、正面奥に2階へ続く大きな階段がある。
また、ロビーの奥の片隅は、囲炉裏のある小座敷になっている。

洋風のロビーと和風の小座敷という二つの異なる雰囲気の空間。
これを、片面から見ると和箪笥、もう片面から見ると洋書棚という、特注の両面家具を壁代わりとし、上手に隔離しているという凝りようだ。

だが、そんな有形文化財に指定されてもいい和箪笥には、夕張が妙に精巧に作り込んだガンプラ(しかもなぜか量産型ザク)が置かれているので、いろいろと台無しになっている。


玄関の左手横には、江戸の裏店に見立てた遊び心ある帳場(ちょうば)と土産物売り場があり、艦娘寮となった現在では酒保として活用されていた。

趣のある小間物屋という風情の空間だったが、うまい棒シリーズやキャベツ太郎、蒲焼さん太郎、よっちゃんイカ、麩菓子、モロッコヨーグルなど、今ではケバケバしい箱やケースが並び、完全に昭和の駄菓子屋のようになってしまっている。

この酒保と小座敷の間を通り抜けて、さらに左手奥に進んでいくと温泉大浴場があり、さらに別館へとつながる。

その温泉への通路脇にある、もとは従業員室だった2つの部屋が、提督と、明石・大淀の部屋になっている。


玄関から右手には、旅館の正面に沿って畳廊下が続くが、廊下沿いの窓は意図的に小さく、そして視線よりもはるかに低く作られている。

畳廊下の壁沿いには小さくも見事な坪庭があしらわれ、薄暗く演出された廊下の中に、外界から隔離された幽玄の世界を表している。

この旅館を建てた網元は、建築や造園など学んだことはないし、小学校さえまともに通ったことがなかったというが、独学とセンスだけでこれだけのものを作ったというのだから立派だ。

だが廊下には、大洗鎮守府からもらった「干しいも」のダンボール箱が無造作に放置されていたり、空になったビールのケースが重ねられていたり、生活臭が漂い過ぎてせっかくの芸術性が台無しになっている。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析