ハーメルン
ある鎮守府のエンゲル係数
加賀と鱈鍋

午後6時半過ぎ。
いつもなら大食堂で夕飯をとっている時間帯。

艦娘寮本館1階、ロビーの奥の小座敷で、提督は加賀と囲炉裏を囲んでいた。
大規模作戦「小笠原諸島哨戒線強化」での活躍に対する、加賀の慰労のためだ。

この鎮守府は数次に及ぶ出撃の末、空母棲姫との決戦に勝利し、ついに規定の揚陸量を達成した。

その中、加賀は常に艦隊の防空の要として戦闘機隊を満載して制空戦を指揮し、艦隊の空を守り続けていた。
いや、この作戦だけでなく、ずっと以前から加賀は艦隊の守護神だった。

MVPに輝くことができなくても文句ひとつ言わず、黙々と戦闘機隊を繰り出し、敵機動部隊を封じ込めてくれる加賀があればこそ、艦隊はここまで勝利を積み重ねてくることができたのだ。

その貢献に応えたくて、提督はMVPの表彰とは別に、大きな作戦の後には加賀と2人きりでの晩酌をして感謝を伝えることにしていた。


「まずは鍋の準備と、おめでとうだね」

提督が囲炉裏の鉤棒(かぎぼう)に、用意しておいた小鍋をかける。
さらに純米酒の瓶を取り出し、自分と加賀の盃に冷酒(ひやざけ)をくむ。

「加賀、よくやってくれたね」
「ありがとう……良い作戦指揮でした」

まずは冷酒をグッとあおる2人の周りでは、手の平サイズの数人の航空妖精さんが、身振り手振りで、何事かを提督に訴えかけていた。

加賀と同じく、提督が感謝を伝えるために呼んだ、妖精さんたちの代表だ。

「加賀、村田さんは何て言ってる?」

妖精さんの姿は見えても、その声を聞けない提督は、妖精さんの言葉を伝えてくれるよう加賀に頼む。

「空母棲姫を雷撃で仕留められたのは、守ってくれた護衛の戦闘機隊のおかげです……五航戦の姉の方のようなことを言っているわ」

村田さんと呼ばれた長い銀髪の妖精さんの横で、ハチマキを巻いた銀髪のポニーテールの妖精さんは、さらに激しい身振りで何かを主張している。

「ええと、岩本さんは何だって?」
「提督が大量の戦闘機隊を投入してくれたおかげだと。あと……五航戦のうるさい方のことを何か話しているわ。そう……」

なぜか顔を赤らめて、加賀が岩本さんの口に指を押し当てて黙らせる。

編み笠をかぶり、侠客スタイルの妖精さんが、提督の眼前で歌舞伎のような見得を切る。
基地航空隊の一式陸攻を率いた野中親分だ。

「野中さんは?」
「当たれば火を噴く弾幕に、飛び込む度胸の漢道! 一天地六の賽の目に、命を張った大勝負! 憎きツ級に一撃を、喰らわしたるは我が一家! 以下略よ。どうやら……提督からご褒美が欲しいようね」

さらに、皮のジャンパーを着た緑髪の妖精さんが進み出る。

「“少佐”は何だって?」
「んっ……さすがにドイツの妖精さんの言うことまでは……」

フォッケウルフ隊を率いるその妖精さんは、周りの妖精さんを指差し、手でヒューンと飛行機が飛ぶような仕草を見せた。

その後、その手をポンと爆発のように開き、もう一度手で飛行機が飛ぶような仕草を見せるが、先ほどよりノロノロとぎこちない動きになっている。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析