ハーメルン
IS学園での物語
彼と彼女の物語 ――sideセシリア――

 今思えばわたくしの両親はこの世界の縮図のような関係だった。
 女尊男卑が広まる前から名家であったオルコット家の当主として気高く強かった母。とても厳しくて、わたくしの憧れだった人。
 そして同じくその前から気弱で、いつも母の機嫌を伺っていた父。婿入りしてきたから母に引け目を感じていたのかもしれない。

 ISが世に広まり、女尊男卑という風潮が広まれば二人の関係はより顕著なものになっていった。母はより強く、父は益々弱く。
 母に憧れる一方で、父に対しては情けないとしか感じなくなっていた。将来、自分が結婚相手とする男性には強さを求めるようになるほど。

 そんな両親との生活も唐突に終わりを迎えます。何の脈絡もなく、実にあっさりと。
 三年前に起きた越境鉄道の横転事故。死傷者が百名を越える大きな事故に父と母も巻き込まれてしまった。
 いつものように行ってきますの挨拶を交わし、いつも通り強い母と弱い父を見送って、そして帰ってきた。変わり果てた姿となって。

 突然の死に泣き喚くわたくしに現実は何処までも非情だ。両親が遺した莫大な遺産を狙って、金の亡者が押し寄せて来たのだから。
 せめて二人が遺してくれたものを守りたくて、わたくしは若くしてオルコット家の当主となり、あらゆる勉強をした。両親との別れを悲しむ時間さえ許されない。

 それだけの時間を割いてもわたくしには足りない。力も知識も、何もかも。そう簡単に母のように強くはなれない。
 このままでは守れない。どうしたものかと頭を悩ませていると国からIS操縦者の適性検査があるとの話が。もしも高い適性があり、代表候補生にもなれば国から援助があるとも。

 幸いにもわたくしの適性はAと高いもので、直ぐに代表候補生として名を連ねる事になった。
 それだけではない。国からの援助があると分かれば、今まで財産を奪おうとしていた人達も手のひらを返したようにわたくしの機嫌を伺うようになった。自分と同じ貴族のはずなのに、恥も外聞もない。

「全く、情けない……」

 脳裏に過ったのはひたすら母に頭を下げる父の姿。幼少から育まれた弱さへの嫌悪は当主になって益々増していく。父のようには、目の前のこの人達のようにはなりたくないと。
 同時に強さへの渇望も増していく。母のように強くならねばやりたい事も出来ない。

「強く、強くならなくては……」

 そうして代表候補生として訓練を重ねていけば専用機を持つ事を許された。
 自身の努力が実を結び、評価された喜びから訓練に更に熱が入るのは必然。来るIS学園への入学に向けて研鑽を重ねていく。
 そこで不思議な人との出会いがあるとも知らずに。









 訓練を終えてシャワーを浴びているわたくしは先日出会ったばかりのあの人の事を思い浮かべる。

「櫻井、春人……」

 小さく呟いたはずのその人の名前は降り注ぐ水の音に消される事なく、すんなりと耳に入っていく。

 不思議な人だった。
 最初は織斑先生への対応からとても強い人だという事は充分伝わった。目付きの悪さも相俟って、恐れるのも無理もない。
 しかし何とか話掛けてみれば何を言われても言い返してこない。どれだけ侮辱されようとも。

 それに落胆したのはわたくしだけではないはず。たった二人の男性に他の男性とは違うのではないかとほんの少しの夢を抱いていたのも。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析