ハーメルン
IS学園での物語

 自己紹介が終わってからというものの、最初の興味津々だった視線に別の何かが含まれ始める。
 それは恐怖や警戒といったもの。俺が取る行動一つに慄き、何をするか分からないので警戒して目が離せない。
 言ってしまえばなんて事はない、これまでと同じになっただけ。つまり小中と続き、俺の高校デビューは見事に失敗したのである。

 ――――いや、何でやねん。どうしてこうなった。ただ寝てただけだぞ。

 一体何がいけなかったのか。さっぱり分からない俺は必死に無い知恵を絞って考えるも、やはり答えは依然として分からない。
 そしてもう一つ分からないのがある。

「はるるん、ドンマイ!」
「……ん」

 休み時間の度に俺の元へ来る、こののほほんとした少女だ。ちなみにはるるんとは俺の事らしい。物凄く似合ってない件について。

 何故かこの少女だけは全く俺を恐れずにこうして話し掛けてくれる。ニコニコと笑みを絶やさずに話し掛けてくれる姿はもしかしたら天使なのかもしれない、そう思わせるには充分だった。天使は実在したらしい。学会で発表しないと。

 それにしても――――

「どうしたのー?」
「……いや」
「あ、あわわわ……」
「こ、殺されちゃう……」

 俺の机に顔だけ覗かせて首を傾げる少女。さっきから行われるこの一方的な会話に周りの女子は青い顔でこちらを見ていた。

 殺さんわ。何でそんな考えになるのか。お前らの考えの方が怖いよ。

 それにしてもこの少女はやたら的確に俺の思考を読んでくる。今も俺がこの少女について不思議に思っていたらこうして問い掛けてきた。何も言っていないのに。
 おかげで俺とこの少女には通じるのだが、周りには何の事かさっぱり分からない会話が出来上がっている。クール(笑)と不良に加えて、新たに不思議属性が俺に追加されようとしていた。やめろ、余計に近付きにくい。

「大丈夫だよ、はるるん」
「……そうか」

 言葉と共に肩を叩かれる。柔らかく、優しく肩を叩くその手は、少しでも俺から不安を取り除こうという思いが端から見ても伝わってきた。

 何だ、マジで心を読まれている可能性が出てきたぞ。ワンチャンあるんじゃね?

 頭の良い俺は思い付いたのだ。単純な事だ。この少女を通じて俺の不良というイメージを払拭してもらおう。
 気分はロランに助けを求めるハリー・オード。あの世界一カッコいいSOSを出すしかない。
 少女よ、助けろぉぉぉ!

「んー?」

 ――――おい、何で急に精度悪くなったんだ。さっきまでバリバリ読んでたのに何故?

 それから何度か必死になって助けを求めてみるも、本当に分からないらしく少女は首を傾げたままだ。
 どうやら俺の考えた素敵な作戦は見事失敗に終わったらしい。

「ちょ、ちょっとよろしくて?」
「……ん」
「ひっ」

 そんな時、俺の元へ二人目の来客が現れた。
 縦ロールのある金の長髪に綺麗な碧眼、非常に整った容姿はまるで雑誌とかに載せられるモデルのようだ。
 顔を向けると微かに怯えたような声を上げる。その綺麗な顔が恐怖でひきつっているのは気のせいではないらしい。

「な、何ですのそのお返事は!?」
「……すまない」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析