ハーメルン
IS学園での物語

 休みの日を勉強とトレーニング、それに加えて更識とアニメ観賞してたらあっという間にクラス代表決定戦当日。サラマンダーより速い。
 ていうかガン×ソードめっちゃ面白かったんですけど。俺は何でリアルタイムで見てなかったんだ。あんなカッコいいの影響されちまうぜ……。
 でもね、肝心の極意がなんだったのか全然分からないんですけど。単純にアニメ楽しんだだけなんですけど。更識も教えてくれなかったし。

「……はぁ」

 さて、このアリーナは現在満員御礼。普段から訓練に使われていてもそこまで賑やかにならないのにだ。そう考えると満員にしている原因である俺と織斑の知名度は凄いなと感じる。

「おお、すげぇ人いるなぁ」

 凄いと感じるから織斑、さっきから観客席の様子を見ようとするんじゃない。
 お前が見る度に俺の視界にもその様子が入ってきてお腹が辛いんだ。いや、最早辛い通り越して痛い。助けてくれ。

「あ、あそこに本音がいたぞ」
「えっ? 何処だ?」
「ほら、ここだ」

 織斑と箒は仲良くベンチに座って、空間ディスプレイに映るアリーナの様子を見ていた。
 やれ、クラスの誰々がここにいたとかそんな話で大いに盛り上がっている。

 何あれ、カップル? カップルなの?
 何でカップルがここにいるの?

「この中でやるとなれば凄いプレッシャーだろうな」
「あんまり考えないようにしてたんだから言うなよ……」
「ふふっ、すまないな。でも――――」
「……ん?」

 その時、俺は二人から少し離れたベンチに座って俯いていたのだが、視線を感じて顔を上げた。
 するとやはりというべきか、織斑も箒もこちらを見ている。二人の視線と俺の視線が交差し、力強く頷いた。

「やはり春人はいつも通りのようだな」
「ああ、あいつプレッシャーとかとは無縁そうだもんなぁ」

 えぇ……。どうしてそうなった。

 前日の夜中までガン×ソードを見ていた弊害で眠くて仕方ない俺。だからこそ変に動かないで俯いていたのだが、それが間違っていたらしい。

 おいおいおい、プレッシャーと無縁だと?
 分かってないな、このカップルは。俺は無縁どころか運命の赤い糸で結ばれてるんだぜ。辛い。

「……一つ、聞いてもいいか?」
「ん? 何だ?」

 だが、こうして向こうから話すチャンスを作ってくれたので結果的に良かったのかもしれない。俺はこの一週間、ずっと感じていた疑問をぶつけて見る事に。

「……お前達は何故ここにいる? 俺が怖くないのか?」

 不思議だった。こいつらがこうして俺に話し掛けてくるのが。
 俺から話し掛けて来たのならともかく、織斑と箒、あとここにはいない更識と布仏と相川は向こうから話し掛けてくる。布仏は少し違う気もするけども。
 そんな俺の質問に二人は目を瞬いて、お互いの顔を見て、少し間を置いてから答えた。

「えっ、怖くないけど?」
「は?」

 何を言っているのかと言わんばかりに織斑はそう口にした。あっけらかんと。
 あまりにあっさりと答えたもので俺も思わず間抜けな声を出してしまった。

「いや、まぁ正直最初はちょっと怖かったよ。でも最初だけだ」
「そうだな。それにお前が幾ら怖いからといって一緒にいてはいけないという事ではないだろう」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析