ハーメルン
荀シン(何故か変換できない)が恋姫的世界で奮闘するようです
WAFUKUチート

どこかの中国三国志っぽい世界、具体的には恋姫的な外史的な世界に一人の赤子が生まれた。
名は荀シン(何故か変換できない)。字は友若。
ただの赤子ではない。
転生者であった。
テンプレ的にトラックに轢かれ、テンプレ的な神との出会いなどがあったが、ここでは省略する。
そして、友若はやはり幼い頃からテンプレ的にその才能を示し、そして挫折した。
この世界の英雄は10代から20代程度で国家を樹立するほどの才能を持っている。
長年、宮廷や各地で勢力拡大に明け暮れてきた老練な実力者達をたやすく蹴散らす彼女達を前に、前世のチート知識(笑)など欠片も役に立たない。
当然ながら、非凡な彼女達は10代においても圧倒的な才覚を示す。転生者たる友若すら圧倒するほどに。
友若の妹、荀彧。彼女もまた凄まじい才能を示した。
プライドの高い友若は自らの優位を示そうとあがき続けた。
だが、12歳の時、7歳の妹相手に議論で叩きのめされた際に、友若はとうとう己の才能を見限った。
自分が選ばれた存在だとか、そういう類の中二病を卒業したのだ。

友若が三国志関係の未来知識を殆ど持っていないことも彼が賢者モードになることを後押しした。
歴史なんてものにさしたる興味もなかった友若の前世の人。彼の知る三国志関係の人物といえば、劉備と関羽ともう一人の義兄弟(名前は忘れた)、公明先生、曹操、あと孫なんとかくらいであった。
これはひどいと言わざるを得ない。
三国志のメインである三国の一国の国王名すら覚えていないのだから。
三国志演義では後半やたら影が薄い国家ではあるが、赤壁とか関羽の殺害とか、色々と見せ場もあったはずである。少しでも三国志を知っている人間なら孫堅と、孫策、孫権くらいの名前は知っているはずであろう。
だが、友若はまるでそんな事を覚えていなかった。呂布や董卓といった名前も知らないくらいだ。
唯一覚えている逸話は、曹操が29歳の時に黄巾党を打ち破ったというものだった。30引く1の年齢である。
啓蒙書で読んだどうでも良い知識に限って友若は覚えていた。
何の役にも立ちそうにない、と友若は嘆いた。

ともかく、己の才を見限った友若は今後どう生きるかを決めなければならなかった。
とりあえず、年齢を経る事に罵倒の激しさを増していく異常なレベルで優秀な妹がいる家からはさっさと離れたかった友若。
自尊心に傷を付けた妹と同じ屋根の下で暮らすということは、プライドの高い友若にとってストレス以外の何物でもなかったのである。
という訳で、友若は母に願い、洛陽へ留学することにした。

幸いにして友若の生まれたゆとり三国志たるこの世界において、食べるだけならそこまで困りはしない。
正史におけるこの時代、黄巾の乱は詰まるところ食い詰めた民の反乱であった。
ところが、この世界では違う。
アイドルの追っかけとかワンダーな集団こそが後漢を滅亡へと追いやる原因となった黄巾党なのである。
基本的に、芸役者などの娯楽は衣食住にある程度の余裕がなければ存在できない。
特に、衣については明らかにオーパーツとしか思えない衣服が辺境まで広まっているこの世界、ある程度の階級に属している女性ならば相当なものを身に纏うことが出来る。
ともかく、大人しくさえしていれば、生き延びること事態は十分に可能なのだ。

ではどうするか、と友若は考えた。

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析