ハーメルン
荀シン(何故か変換できない)が恋姫的世界で奮闘するようです
株式はじめました

友若から株式制度の草案を見せられた田豊は無言で考え込んだ。
草案は荒削りではあったが、ほとんどそのままで運用が可能と思われる程度には体裁が整えられていた。
そして、その内容は田豊の理解の範疇にはなかった。
これは、田豊の理解能力が劣っているというわけではない。
この漢帝国において友若の提出したその草案の意味を理解できるのは極々少数だろう。
むしろ、大半の者は考慮にも値しないとしてその草案を切り捨てるに違いない。
土地と農業に主軸を置く漢帝国にとって商業とはあくまでお菓子に付いて来るおまけのようなものである。
商業きらびやかさは数多くの人間を惹きつけるが、それでもおまけはあくまでおまけなのである。

だが、田豊は友若の提案をすぐに下らないと切り捨てることはしなかった。
凡人とは言わないまでも、あくまでそこそこでしかなかった田豊にとって他の天才が彼の理解を越える事など良くあることでしかなかったからである。
転生チートである友若が自分よりも年若い妹にボコボコにされる世界では、無数の凡人の努力の結晶が一人の天才に覆されることなど珍しくない。
そして、田豊の強みの一つはそれをよく弁えていることだった。

友若を否定することは容易い。
田豊が友若の草案を握りつぶしたとしても誰もそれを疑問におもうことはないだろう。
それ程に普通からかけ離れた奇抜なアイデアだ。

「有若さん、これは一体何なんですの」
「? 株式制度の草案です」
「その株式とは一体何なんですの」
「え、えーっと、本初様なら分かると思ったんですが……えーっと、株式は株式です」
「ぇ? お、おーっほっほっほっほ! も、もちろん、この袁本初、友若さんが何を言おうとしているかはわ、分かりますわ。ですが! 元皓さんや他の皆さんには少しばかり難しい話のように思いますわ。ですから、友若さん、他の皆さんにも分かりやすいように説明していただけないかしら」
「……え? 本初様が理解できるなら他の皆さんも問題ないんじゃ――」
「いや、荀友若殿、是非とも説明を願いたい。この愚老にも理解できるように最初から頼む」
「ほ、ほら、元皓さんも友若さんの説明を必要としていますわ」
「え、えーっと、つまり株式というのは商売を始める人達が簡単にお金を集めるための制度で――」

しかし、もしかしたら友若には凡人には見えていない世界が見えているのかもしれない、と田豊は考えたのだ。
その可能性がある以上、友若の草案をそのまま握りつぶすつもりは田豊にはなかった。
あの天才であることが疑いようもない荀彧の兄である友若だ。
田豊の理解もよらない未来を見据えている可能性は十分にある。

漢帝国はもはや長くない。現皇帝と先代の時代の無数の失策により、皇帝の権威は失墜している。
代わりに帝国を牛耳っているのは宦官たちであるが、それも長くは持たないであろう。
宦官の専政は豪族や知識階級の強い反感を読んでいる。
宦官たちはそれを宮廷力学を駆使して何とか収めているが、それは帝国の権威を押し下げ続けている。
本拠地というものを持たない宦官たちはそうするしかないのだが、いずれ彼らは息詰まざるを得ない。
漢帝国という名前は続くかもしれないが、その実態は今後変わらざるをえないだろう。

常人ではあったが、長年の経験は田豊に漢帝国の未来が潰えていることを示唆していた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析