ハーメルン
一撃のプリンセス〜転生してカンフー少女になったボクが、武闘大会を勝ち抜くお話〜
門出の日

 父様の挑戦を受けてから、半月が経過した。

 ボクはこれまでの間、なにくそと思い修行した。父様の思い描くレールから外れるために。

 もちろん、修行は楽しかった。しかし一方で、楽しんでいいのだろうかと疑問を抱く自分もいた。

 これから始まる【黄龍賽(こうりゅうさい)】は、国中から猛者が集まる大規模な大会だ。
 ボクも自分の腕には多少自信はあるが、武法の世界は広い。もしかしたら、まだボクの知らない強力な武法を使う強敵が現れるかもしれない。
 そんなまだ見ぬ強敵と戦うための修行なのに、そんな風に楽しみを持ってしまっていいのか? もっと緊張感を持って修行すべきなんじゃないのか? そんな思いをボクはたびたび抱いた。

 しかし、そのたびにボクは自分を戒める。

 それは「修行はひたすら苦しいものだ」という固定観念が作り出した幻想だ。ボクは楽しみながら修行したことで、他人より速く実戦的強さを手に入れたんだ。ならば、これからも変わらずそのスタンスを続けるだけ。

 というわけで、ボクは今日の早朝も熱心に修行に励んでいた。

 場所はもちろんいつもの場所。【回櫻市(かいおうし)】の外れにある大樹の広場だ。

 今日の正午、ボクはとうとうこの町を出る。そして【黄龍賽】に参加しに行くのだ。

 この修行はそのための最後の追い込みだ。この場所とも、しばらくお別れとなる。

 なので、自分の中にある全てをここに絞り出す勢いでひたすら功を練る。

 果実の実る大樹の根元で、ボクは静かに立っていた。

 直立姿勢ではない。中腰の姿勢でだ。

 上半身の姿勢を真っ直ぐに整えたまま、大腿部が地面と平行になるくらいに腰を落とした姿勢。

 両拳を脇に引き絞り、足指でしっかりと地を掴みながら、まるで一つの山のような盤石さでその場に立ち続ける。

 その際、頭頂部にある経穴【百会(ひゃくえ)】に糸が付き、それによって天から吊り上げられているというイメージを忘れない。

 低姿勢による負荷が両膝に集中している。それによって、大腿部全体に燃えるような疲労感。



 ――この姿勢を、すでに十分は保っている。



 これは【架式(かしき)】と呼ばれる修行法だ。
 決められた一つのポーズを長時間保つことによって、脚力を鍛えると同時に、その流派に必要な姿勢を身体に染み込ませる。
 非常に苦しいが、武法においては【易骨(えきこつ)】の次に大事な修行である。中にはこの【架式】ばかりを徹底的に練習し、型である【拳套(けんとう)】を全くしない流派もあるくらいだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析