ハーメルン
一撃のプリンセス〜転生してカンフー少女になったボクが、武闘大会を勝ち抜くお話〜
謝るんだ

 
「へぇー、ライライはお父さんから武法を教わったんだー」

 ボクは人混みの多い正午の街路を、先ほど知り合った女の子――ライライと隣り合わせで歩いていた。

 その最中、会話に花を咲かせた。主な話題は武法の事。我ながら本当好きだなと呆れる思いだった。

 しかしライライはウザがったりはせず、小さく笑みを浮かべながら答えてくれる。彼女は姉様と同じ一七歳らしいが、その仕草はやっぱり十歳以上歳が離れたオトナの女性を思わせる。というか、姉様よりずっと大人だった。

「ええ。私のご先祖様は岳河剣(ユエ・ホージェン)の弟子だったの。そしてホージェンから教わった【刮脚(かっきゃく)】を、私たち(ゴン)家は家族の中で代々伝承してきたのよ」

「ってことは……今じゃ珍しい、一番古いタイプの【刮脚】ってことになるじゃないか! 【武勢式(ぶせいしき)】と【文勢式(ぶんせいしき)】のいいとこ取りの!」

「そうなるわね。私たちはホージェンから教わったものに、全く改良やアレンジを加えたことがないもの」

 ボクは興奮度をさらに強めて、ライライに詰め寄った。

「ねぇねぇライライ、良かったら少し見せてくれないかな!? 古流の【刮脚】は流石のボクでも見たことがないんだ!」

「うーん、残念だけどお断りさせていただくわ」

「えぇー!? そんなぁ!」

 興奮が一転、落胆モードとなるボク。

 そんなボクを見て、ライライは可笑しそうに笑いながら、

「シンスイって、本当に武法が好きなのね。嘘よ嘘。そのうち見せてあげるわよ」

「ホントに? 約束する?」

「うん、約束するわ。というより、約束するまでもないんじゃないかしら? シンスイも予選に出るんでしょう? なら、そのうち私の戦いぶりを見る機会があるでしょうし」

 それもそっか、とボクは同意する。

 それからボクは、ライライから比較的安めな宿を紹介してもらい、そこで宿泊手続きをした。ライライもその宿に泊まる予定とのこと。

 重たかった荷物を自分の部屋に置いた後、ライライとともに町中をぶらついた。予選は明日から。なら、今日は観光でもしようと思ったのだ。

 まず最初にしたかったのは、腹ごしらえだった。ライライもそれは同じだったようで、ボクらは露店で包子(パオズ)――中華まんのことだ――を買って食べた。

 肉入りであることを知って買ったわけだが、かぶりついた瞬間驚いた。なんと肉と一緒にスープが入っていたのだ。肉汁とスープがうまい具合にマッチしていてとても美味しく、ボクらはすぐにお腹に収めてしまった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析