ハーメルン
一撃のプリンセス〜転生してカンフー少女になったボクが、武闘大会を勝ち抜くお話〜
試験開始!

翌日になった。

 自室のよりも一際硬い安宿のベッドから目を覚ましたボクは、身じたくを整え、ライライとともに町の中心へと向かった。

 この【滄奥市(そうおうし)】の中心には『公共区』という場所が設けられている。
 イタリアのコロッセオにも似た形の『競技場』を中心に、遊び場兼緊急避難場所である『中央広場』、重要な連絡事項を伝えるための掲示板など、公共利用のための施設が多数を占めている。

 ボクら二人はその『公共区』にある、『中央広場』へとやってきた。

 石畳が整然と広がっており、いくつか広葉樹や灌木が植わっている。広場の中央辺りには石製の日時計があり、現在の時間である九時を表していた。

「……うわぁ」

「すごいわね……」

 その『中央広場』に広がる光景を目にしたボクとライライは、思わず声をもらす。

 フットボールの試合ができて余りあるであろうその広場は今、大勢の人でごった返していた。

 全員、背筋に棒でも入れているかのように姿勢が良く、なおかつ一歩一歩が地面に吸い付くような重心の安定感が見られる。彼らは間違えようもなく武法士だった。

 別に並んでいるわけではないようなので、人混みの間を縫うようにして先頭へと到達する。

 そこには、広い木製の壇があった。その近くでは慌ただしく動き回る役人風の人たちと、大きな銅鑼(ドラ)、そして『第五回黄龍賽滄奥市予選大会会場』と書かれた縦長の旗が立てられていた。

 そう――ここが【黄龍賽(こうりゅうさい)】予選が開始される場所なのである。

 この『中央広場』の少し先には『競技場』が見える。【黄龍賽】本戦出場者を決める戦いは、あの中で行われるのだ。

 しかし、これだけの大人数を一人一人戦わせていては、いつまで経っても終わらない。なので予選ではまず最初に『試験』を行い、出場者をふるいにかけなければならない。

 そしてこれから始まるのは、まさにその『試験』だ。

 ボクは『第五回黄龍賽滄奥市予選大会会場』と書かれた旗へ目を向ける。これを見れば一発で「ここだ」と分かるはずだ。

 【煌国(こうこく)】の識字率はかなり高い。

 その理由は、この国のあらゆる町にある【民念堂(みんねんどう)】という民営教育施設の存在にあるといえる。

 【民念堂】は、庶民の手が届く程度の学費で読み書きや計算を習ったりできる、日本の寺子屋のようなものである。

 裕福な人たちしか教育を受けられなかった昔の時代、有志によって【煌国】各地に建てられた。この【民念堂】の登場で、庶民でも必要最低限の教養は身につけられるようになったのだ。

 ちなみに【民念堂】の教師をしているのは、難関である文官登用試験を諦めた者が多い。そのため【民念堂】は、多くの文官から「落伍者の受け皿」と見下されている。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析