ハーメルン
金髪さんのいる同盟軍
第001話:”一杯のコーヒーから歴史が変わる時もある”




ココハドコダ……?
”私”ハダレダ……?

私? チガウ。
オレハ”俺”ダ。

イヤ、”私”は銀河ヲ平定シ病デコノ世ヲ……

(なら? ()は誰だ……?)

それにこの暗闇に閉ざされた世界は……



☆☆☆


「おい! ()()()()()! しっかりするんだ!」

随分と懐かしい呼び方をするな?
だが、その名字はやめてくれ。嫌いなんだ。
いや……そうでもない。
だが、胸焼けのような不快感はあるな。

ああ、そうか。
もう息子も成人してるってのに、未だ新婚気分が抜けてない両親に食傷気味なだけだな。うん。

父はセバスティアン、母はクラリベル。姉はアンネローゼ……うん。間違いない。
帝国の下級貴族だった父は、当時花屋で働いていた平民の母に恋をした。
周囲に身分違いだと母との交際を反対された父は一念発起し、母を連れてフェザーン・ルートで自由惑星同盟に亡命。
貴族の証であるフォンを捨て、セバスティアン・ミューゼルとして母に改めて求婚。
そして姉上と俺が生まれた……

あと父さん、母さん、弟や妹は別に要らないからな?

これで間違ってないはずだが……なんだ? この姉上が皇帝寵姫になったって記憶の断片は?
いや、それだけじゃない……この圧倒的な質と量の記憶の羅列は……

(まるで俺が生きたもう一つの人生じゃないか……)



「まだ目を覚まさないか……仕方ない。誰かアンモニアをもってきてくれないか? できれば高濃度なのをだ。気付け薬になる」

冗談ではない!

ん? 暗闇かと思ったら、もしかして俺は単に目をつぶってただけか?
やれやれ。そろそろ目を覚まさないと鼻が曲がりかねんな。

「大丈夫だ……問題ない」

俺がゆっくりと瞼を開けると映ったのは黒髪に黒い瞳の優しげな男だった。
見覚えはある。ただし、もっと歳を重ねた後だったが……って何を言ってる?

「ヤン()()、アンモニアは勘弁してくれ。気付けなら、せめてポケットに忍ばせてるスキットルの中身がいいな」

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析