ハーメルン
金髪さんのいる同盟軍
第013話:”かくて小さな戦いは終わりぬ”




さて、視点は熱く激しい戦場からその反対方向……今度はエル・ファシルより離れた宇宙(ソラ)に移してみよう。



「綱渡りだったが……上手くいったようだな? 先輩」

「ああ。何とかなって、正直ホッとしてるよ」

ラインハルトの言葉にヤンはベレー帽を人差指でくるくる回しながら軍人としては率直過ぎる感想を述べるヤン。

本来なら作動させるべき探知阻害(ジャミング)装置を切ることにより隕石群に擬態したヤンとラインハルト、そして民間人300万人以上を乗せた船団は、無事に帝国軍の哨戒網を抜けることに成功した。

ただ、受信(パッシブ)オンリーにした超光速通信越しに断片的に入ってくる音声通信は、戦場がひどい混乱状態に陥ってることを示すものばかり……
無論、通信機どころか全てのアクティブ・センサーを切った隠密無音航行(サイレント・ラン)のど真ん中では、こちらから連絡を取れるはずもない。
だが……

「中尉! 付近にワープアウト反応多数! 百を超えます!!」

「チッ! このタイミングで……」

舌を打ち鳴らすラインハルトだったが、

「いや、このタイミングと場所だったらきっと……」



「敵味方識別装置、反応”味方(グリーン)”! 艦船データベース照合! エル・ファシル駐留艦隊旗艦”シャイアン”を確認!!」

”わっ!!”

ブリッジで一斉に歓声が上がった!!



☆☆☆



「ボロボロじゃねぇか……」

オペレーターの一人がワープアウトしてきた200隻を割り込む船を見て、呻くように呟いた。
それはリンチ艦隊の現状を端的に表していた。

「極短距離指向性通信、入ります」

「つなげてくれ」



『よお、中尉。そちらは無事に脱出できたようで何よりだ』

ヤンは提督席から立ち上がると珍しくも綺麗な敬礼で、

「はっ! 少将の艦隊は無事とは言えないようですが……」

『ああ。派手に沈められちまったな。航行可能なのは187隻……どこを見ても損傷艦ばかりさ。だが……』

だがリンチは悪人面をニヤリと歪ませ、

『敵艦隊は振り切った! 脱出作戦は成功だぜ!!』

「少将閣下、お見事でした!」

サムズアップするリンチに再敬礼で微笑むヤン。
意外なことに、ヤンもテンションは上がってるらしい。

『ははっ! ありがとよ』

リンチは胸を張り、

『エル・ファシル駐留艦隊残存187隻、これよりエル・ファシル臨時脱出船団の護衛任務につく!』

「はっ! 臨時船団長ヤン・ウェンリー中尉、これよりリンチ少将の麾下に入ります」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析