ハーメルン
ジャパリパーク召喚 導かれしフレンズたち
じゃんぐるちほー②


ジャパリパーク じゃんぐるちほー


キャンプ場跡で一夜を明かしたサーバル一行。朝田が目を覚ました時には、百田たち自衛官は既に起きて朝食の準備を行っていた。

「……」

朝日に照らされながら、朝田は昨日の夜に遭遇した案内ロボットの『ラッキービースト』と正面から向かい合う。

『君の名前は『アサダ タイジ』で良いカナ?』

「…あ、あぁ」

朝田は戸惑いながらも返事をし、ラッキービーストをまじまじと観察する。

(やはり…素人目にもこのロボットは高性能だ。正確に相手を認識し、相手の言葉に合った返答を即座に返している…。これほどのロボット…おそらく日本でも造るのは簡単ではないかもしれない…)

日本にも自ら学習し、相手との受け答えを得意とするロボットは存在するが、目の前にいるラッキービーストと比べたらどうしても劣ってしまう。この島のロボット製造技術は、ロボット大国の日本よりも10年以上は進んでいる様に思われた。…実際には10年どころか半世紀近い差があったが。

朝田は何とも新鮮な気分になる。何せこの世界では日本より技術レベルが高い国家や地域は存在しないのだから。今回は転移以来、自分たちよりも高い文明を持つ勢力との初の接触であった。

(…ではコイツは一体”誰”が造ったんだ?)

この島に来て様々なフレンズと接触してきたが、少なくとも彼女たちがこのロボットを造ったわけではないだろう。…おそらく、この島の何処かにいるであろう人間だと考えられる。

だが、朝田たち日本国使節団が接触したのはフレンズが大半であり、記憶喪失のかばん以外の人間は姿すら確認できなかった。

(おそらくサーバルさんが言っていた博士なる人物が造ったんだろうが…)

『…どうしたんだイ?アサダ』

ずっとだんまりな朝田に、ラッキービーストは体を傾けて質問する。

「いや、何でもない。これから朝食だから、それが終わったら図書館までの案内を頼むよ」

『任セテ』

コクリと頷くラッキービースト。…何故だろう。いまいちその言葉が信用できない。

「うわあぁぁー!!食べないでくださーい!!」

「もー!食べないってー!!」

かばんを起こしにテントに入ったサーバルが、お決まりの叫び声を上げる彼女にツッコミを入れたのは丁度その時だった。





『――じゃあ、図書館までのルートを検索するネ』

朝食後、ラッキービーストはサーバルたちの為に目的地までの最適なルートを検索する。ラッキービーストの首元(?)にある円形の画面に、地図が表示される。

『ジャパリ図書館は、しんりんちほーにあるヨ。途中、3つのちほーを通るね』

「3つか…。どれくらい歩けば着くんだ?」

百田が図書館までの距離と到着までの時間を尋ねる。

『とっても距離があるから、歩いて行くのはオススメできないヨ。ジャパリバスに乗って移動しよウ』

「ほっ。バスがあるのか…」

少なくとも長い距離を歩かずに済む事に安堵する日本勢。

『ここから一番近いのは、アンイン橋の側だネ』

「バス…?」

「バスって何?」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析