ハーメルン
虹に導きを
愛しいと、そう思った

 ジングルベル、ジングルベル。

 街を歩いているとクリスマスソングが聞こえて来る。

 海鳴の街は冬になっていた。空は冬の色を加え、そして空気は冷たく澄んでいた。軽く口を開けて息を吐き出せば白い息が漏れて来る。こうやって寒さを感じるとやはり冬なんだな、と思わせられる。魔法を使えばこの程度の寒さどうにかなるのも事実だが、それはそれで情緒という物がない。やはり冬ならば、その寒さを楽しめるものではないと意味がないとも思っている。故に、何時ものスーツに、帽子という恰好で冬の街に出ている。

 どこもかしこも人だらけ。急いで帰る者も、絶望の表情で仕事し続ける者もいる。右を見ても左を見ても人、人、人。当然のように街もクリスマス一色に染まっている。まぁ、それも当然だろう。

 今夜はクリスマスイブだ。

 聖者が誕生した時が直ぐそこまで迫っているのだから。

 とはいえ、その事実はこの日本という国ではあまり意味を持たない。基本的にお祭り騒ぎを好む日本人という気質が社会に大きく影響し、人は元の理由を無視して好き勝手騒ぎ。企業はそれに便乗してクリスマスセールを行う事で少しでも営業を上げようとする努力をしていた。何が何でも金、金、金。

 やれやれ、全く疲れる世の中だ。

 欠片もそんな事を考えていないのだが。

 ふぅ、と息を吐き出す。

 白く染まるそれを見ながら足を止めて、過ぎ去って行く人混みへと視線を向ける。家族で出かける姿が目撃出来る。まだ明るい事を考えると、今から買い物してから家で……という形だろうか?

 その姿を見て、軽く頭の帽子を押さえる。

 さて、どうしたもんか。

 少々、悩んでいる部分があるのは事実だった。その気持ちに決着をつける為に、こうやって外に出てきたが、眺めていると更に悩む部分がある。果たして良いのだろうか? そんな考えが珍しく、自分の中にあった。これが自分だけの事であれば、迷う事無く直ぐに決断することが出来るだろう。だが事はそこまで簡単な事ではなかった。だからこそ困っている。どうしたもんか。

 そう考えている所に、

「おや、君がこんな所で一人で黄昏ているとは中々珍しいね」

 ん? と声を零しながら振り返ってみれば、知っている顔の男が居た。顔は良いが、魂がどす黒い色をしている研究者の男―――今はグランツ研究所で娘に見張られつつ生活をしている声と顔だけが良い男、

 フィル・マクスウェルだ。

 今日も魂のどす黒さが良く見える。

「相変わらず君は辛辣だねぇ。まぁ、そこが君の味なのかもしれないけれど」

 そう言ってあっさりとフィルは受け流す。まぁ、この男が自分の友人に監視されている間は、特に心配する必要もないだろう。それよりもこの男がこんな時間に外を出歩いているのが驚きだった。

 暇さえあれば養子縁組を迫る様な変態がついに野放しにされたのだろうか?

「いや、流石に辻養子縁組はしないよ。するとイリスに刺されかねないからね。それでもシュテル達に養子縁組を申し込んでみたらレバブローから飛び蹴りをくらわされたけどね。最近の女学生たちは中々にワイルドだと思わないかい?」

 爽やかに言えば何でも許されると思っているイケメンがこいつだ。本当にこの顔面を一回陥没させるべきだし、既に娘のイリスが何度かやっている。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析