ハーメルン
虹に導きを
彼女は解き放たれ死地へと迷い込んだ

「―――これが空、ですか」

 横を雲が通り抜けて行く。目の前には無限に広がる空が見え、地上は遥か下に置いてきている。そこは自由の世界だった。魔力障壁によって吹きすさぶ風はかき分けられ、頬をくすぐる様な柔らかさまで抑えられ、寒さを感じないように調整されている。だがこの空は何にも束縛されていない。完全に自由で、どこまでも広がって行く景色にオリヴィエの胸の中に感動ともいえる感情が沸き上がっていた。そう、彼女は生まれて初めてベルカという土地から遠く離れた国へと向かうのだ。ベルカという大地に彼女は縛られていた。そこを出る時もベルカへと戻る事を考えなくてはならなかった。

 だけど今、その心配も必要なかった。

 王族、上級貴族に限り()()()()()()()()()という許可が出ていた。オリヴィエには既に王族としての価値はないに等しいのは、彼女が継承権を完全に失い、継承レースから外れた事にあった。だからオリヴィエに関して価値があるのはその血筋―――そして聖王家のみが知る、聖王核と呼ばれる核の存在のみ。その存在を他国が知らない以上、狙われる事もない。

 故にオリヴィエは王族という立場から自由に降りるチケットを手にしていた。それは彼女にいまだかつてない開放感を感じさせていた。義務がない自由な時間……それがオリヴィエに与えられていた。それを感動と共にオリヴィエは初めて実感していた。その感情が彼女の胸に湧き上がり、此方へと感染するように広がっていた。俺が彼女の考えや感情を感じ取れるのは当然だ―――精神そのものに憑依、付与しているのだから。いうならば寄生している様な状況なのだから。とはいえ、生まれた時からフリーダムだった自分としては自由を得た、それだけでここまでの感動を感じるオリヴィエに対して、愛おしさを感じていた。

 ただ未来を知る以上、彼女に輝かしい続きは来ないのも知っている。

 ここはシュトゥラへと向かって飛行する飛空艇の上。オリヴィエは突き出るように前方に伸びる甲板の上、進める一番前まで進み、そこから広がる景色に魅入られるように眺めていた。見た事のない空、見た事のない大地、そしてどこまでも続く、ベルカではない世界。初めて鳥かごを飛び出して進んで行く冒険に、彼女はずっと世界を甲板から眺めていた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析