ハーメルン
虹に導きを
幕間、或いは男たちの余談

「やぁ、煙草はないかな? ちょうど切らしていてしまってね、気分転換に一本欲しいんだ。持っていたら譲ってくれると嬉しいんだが」

 そう言って路地裏に血塗れのまま転がっていた姿を見つけたのがジェイル・スカリエッティという男との出会いだった。その時のジェイルも俺も若く、まだまだ未熟だった。特にジェイルも衝動的に自分を製造した管理局に対して反抗して自分の遺伝子バンクを破壊する事に成功したが、それが原因で深手を負ってしまい、致命傷寸前という状態で死を待つだけの状態だった。事実、そこを俺が通りかからなかったらジェイルは死んでいたのだろう。

 助ける義理も義務もない。別に、見捨てても良かった。当時はまだ今ほど強くなく、そして便利でもなかった自分は敵を選んでいた部分もある。明らかに非合法に片足を突っ込んでいるジェイルの姿を見て、面倒の気配を感じていた。だから最初はこいつに関わるのは止めた方がいいのだろう、と思いもした。だがその考えが頭からぶっ飛んだのはジェイルの目を見た時だった。

 血塗れで、路地裏に転がっているジェイルの姿は控えめに言って瀕死だった。これ以上何らかの戦いにも逃亡にも耐えられるような状況ではなく、ナイフを突き刺せば確実に死ねるという状態だった。だけどジェイルの目は死んでいなかった。それどころかこの状況でさえ楽しむように笑みを浮かべ、治療よりも先に煙草を求めていた。その理由をジェイルへと聞いてみればそれは驚くことに、

「―――いや、ほら、良く映画(ホロ)であるじゃないか、血塗れの相棒が煙草を口に咥えてそのまま静かに息を引き取るってシーン? 死ぬ寸前のくせに煙草を吸ってそれが美味しいってバカみたいな事を言うんだ。ふと、こうやって自分でも血塗れになって考えてみたんだ―――アレ、本当に美味しいのか? もしかして気遣っているんじゃないのか? だって、ほら、こんな状況で味を感じられるわけじゃがないか。だとしたら格好つけているだけだろう? どうだ? 気にならないか? 私の実験にちょっと付き合ってみないか?」

 正真正銘のキチガイだった。この状況でそんな言葉を言う事が出来たのだから。だけど同時に、自分の興味心を刺激されたのも事実だった。このキチガイの言葉を少しでもいいから聞いてみたい。そう思ったのが自分と、そしてジェイルという半生の友との出会いだった。その後の事も覚えている。再現する為に煙草を渡して、それを口に咥えてジェイルは煙草を吸ってみると、それに盛大にむせて、煙草を吐き出した。

「思い出した、私は禁煙家だった。あの煙がどうも苦手でねぇ―――はっはっはっは」

 そんな事を血反吐を口から吐き出しながら言うのだから、正真正銘の馬鹿としか評価することが出来なかった。それと同時に、こんな面白い奴を死なせるのはまずありえない、とジェイルを助ける事にしたのだ。それから人生に軽くケチが付いたようなもので、管理局に軽く追いかけられる身となった。知らなかったとはいえ、管理局と敵対するジェイルを拾って治療したのだから当然と言えば当然の事だった。

 とはいえ、自分も結構反社会的なもので、管理局の治世は肌に合ってなかった。だからこそ師のところを飛び立ってからは次元世界という次元世界を管理外世界を中心に飛び立っては契約相手を探して旅をする、当てのない冒険を続けていたのだから。だからジェイルとの出会いは漸く、似たような価値観を持つ友人を得たようなものだった。出会ったすぐに意気投合した。この頭のおかしい奴は楽しかった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析