ハーメルン
虹に導きを
彼女の道は善意によって死へと導かれた

―――戦時下となるとジャミングの可能性が発生する為長距離転移は禁止され、行えないように対転移結界が張られる。だがこのジャミングを無視して転移をする方法は存在するが、凄まじいまでの金と、そして少人数で短時間という制限がつくのがこの時代であったらしい。ともあれ、オリヴィエのベルカへの帰還は決定され、設定された転移地点であるポートからオリヴィエはベルカへと帰還する事になった。流石にこの状況下で飛空艇を迎えに寄越す訳にはいかなく、転移で送るのが素早く、そして確実だと判断されたのだ。

 故にシュトゥラの転移ポート、広く何もない室内の中にはオリヴィエとヴィルフリッド、そしてベルカ側の従者が何人か存在していた。帰還の準備を終えたオリヴィエを迎えるようにポート中央の空白地帯が光り、そしてそこに魔法陣が出現した。魔力光と共にそこが光、出現するのは騎士と、そして黒い服装の男だった。その姿に反応したのはオリヴィエではなくヴィルフリッドだった。

「あ、父さん」

「久しぶりだな、放蕩娘。お前に許した放浪期限をぶっちぎっているのに気付いているのかお前……」

「あ、あはは、あはははは……」

 ヴィルフリッドが気まずそうな表情を浮かべながら父と呼んだ男から視線を外し、逃げるように口笛を吹き始めた。その姿を見てオリヴィエが苦笑しつつも、ヴィルフリッドの父へとまっすぐ視線を向け、挨拶をした。

「普段からリッドにはお世話になっています。あまり彼女を責めないでください。基本的に気に入って独占してしまった私が悪いので」

「いえいえ殿下、こいつ昔からサボり癖がひどいんですよ。自分の興味のない者はとことん関わろうとしないというか。まぁ、今回は不問にしますけど―――この戦争、ベルカ側に付きましたので」

「えっ、そうなの?」

 ヴィルフリッドの言葉におう、と男が答えた。

「聖王陛下が一族全員を揃って衣食住保障して雇ってくれたからな。俺達も戦場に出るならなるべく苛烈で勝てるところが良い。そうなってくると支払いも良いし一番国力があって勝てそうなベルカに付くのが常道だ。お前が顔を利かせていたおかげで交渉もスムーズに進んだしな……それはそれとして、お前には話があるから少し残って貰うけどな。あ、殿下。先にお帰りにどうぞ。言葉じゃ言っていませんでしたが聖王陛下が心配しなさっていました」

 その言葉を受けてオリヴィエは複雑そうな表情を浮かべていた。嬉しいような、悲しいような、どうしたか悩むような、そんな表情を一瞬だけ浮かべたが、すぐにそれを消し去り、頷いた。

「陛下、がですか……解りました。では一刻も早く戻りましょう」

「では……殿下、此方へとどうぞ。不満かもしれませんが、一時的に我々が護衛します」

「いえ、そんな事はありませんよ……じゃあリッド、先に戻って待っていますね」

「うん、父さんに説教されたらすぐに僕も向かうよ。ヴィヴィ様も寂しがらずに待っていてね」

「もう!」

 少しだけ頬を膨らませると気が紛れたのか、歩きながらポートの中央へと向かって歩いて行く。男の他にも護衛の騎士が数名居り、彼らがヴィルフリッドの代わりの護衛なのだろう。ヴィルフリッドには劣るが、それでも精鋭であるのは見れば解る。これなら安心できるのだろう、と、ヴィルフリッドも力を抜いているのが見えた。だがそんな中央へと向かうオリヴィエの横に並びながら、

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/10

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析