ハーメルン
サーティ・プラスワン・アイスクリーム
姫様は美しかった。彼は汚かった


「あ、はい」

「うちのクラスの女子は、運動が苦手な子が他のクラスより多いんです」

 今魔将を太陽に投げ込んだのも女子じゃないですか、と姫は思ったが、言わなかった。

「もしかして……これが、運命や奇跡と呼ばれるものなのでしょうか」

「ヴァニラ姫?」

「いえ、なんでもありません。ただなんとなく、希望が見えたような気がして」

 魔法がある世界は、魔法が使えるのが普通だ。
 科学が発展した世界は、科学が基本であるのが普通だ。
 カードゲームが基本の世界は、カードゲームで全てを解決するのが普通だ。
 彼らに、どんな世界から来たの? と問うてみればいい。
 彼らはきっと、ごく普通の世界から来たとしか答えないだろうから。

 これは、30人の主役と1人の主人公の物語。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:17/17

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析