ハーメルン
サーティ・プラスワン・アイスクリーム
出席番号16番、笑って話せる黒歴史・田村たつき

 朔陽は「巡り合わせ次第では一生縁を持てなかったと思えるくらい、凄い人だよ」とクラスの何人かを評価している。
 だが逆に、「朔陽はなんであいつと仲良くやれてんだろうな」と言われるクラスメイトが、このクラスには何人か存在する。
 出席番号16番・田村たつきが、まさしくその一人だった。

「え? たつきさんが戻って来てる?」

 第三者から和子が伝言を受け取り、和子が朔陽に伝言を渡し、自室で伝言を受け取った朔陽が驚いた顔をした。
 息抜きにオセロ一式を手作りしていた朔陽が、作業を全て止めて立ち上がる。
 田村たつき。和子もまだしっかり話したことのないクラスメイトであった。

「たつきさんってどんな人?」

「え? うーん……うちのクラスで、一番恋愛上手な人かな」

「!」

 恋愛上手。
 なんともまあ、甘美な響きだ。
 クラスメイト全員に何かしら得意分野があるとは事前に聞いていたことだが、恋愛方面にも特化した者が居るとは。
 和子は"じゃあなんでこの前の切子さんのことで頼らなかったんだろう"と首を傾げる。
 友人をよく頼る朔陽のようなタイプが、何故そんな有望な人間を頼らないのか和子は疑問に思ったが、考えても答えは出なそうなのでとりあえず脇に置いておく。
 どうせ王都に居なかったとかそんなんだろう、とあたりをつけたようだ。

「後は……北派蟷螂拳の達人だったかな」

螳螂(とうろう)?」

蟷螂(かまきり)のことだよ」

 螳螂拳は、凄まじい拳速による攻勢・それを組み上げた手数・独特の崩し技などを特徴とする強力な中国拳法だ。
 こと一部の分派に至ってはその拳速は光に例えられるため、極めれば光速の拳法家としてそれなりの戦闘者となることも可能。
 カマキリを模した蟷螂拳は虫タイプの攻撃。
 草食系男子の朔陽には特に効果抜群だ。

「カマキリの拳法の達人……こわそう」

「会って話さないと、実像ってのは見えてこないよ。
 和子ちゃんだって昔いちご牛乳のことを
 『普通の牛乳と違って牛の血が混じってるから甘い牛乳』
 だって勘違いしてたじゃない。だから真実ってのはその目で……」

「サクヒは私の恥を忘れないよね。もーやんなる」

 "幼馴染が牛の血は甘いんだとか言い出した日のこととかそりゃ忘れないよ"と朔陽は言おうとしたが、言わない。
 言わないのが情けであった。

「ちょっと行ってくるね」

「行ってらっしゃい」

 どこ行くんだ、とは聞かない。
 この話の流れなら、和子はたつきに会いに行くのだろう。
 朔陽もその辺りをよく理解しているので、作りかけの手製オセロを脇にどけ、テーブルの上に置かれていた果物をナイフで剥き出した。
 どうやら和子とたつきの話が終わった後に持っていくつもりのようだ。

 和子は朔陽の部屋を出て、田村たつきを探すべく動き始めるが、廊下を歩いて数秒後。嘘つき寧々とエンカウントしてしまった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/8

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析