ハーメルン
もしもバーン様が逆行したら?
おお、はどらーの胃よ!しんでしまうとはなさけない!

「報告を聞こう。ヒュンケル」
「…パプニカ王女への追撃の為、準備中だ」

「…フレイザード」
「後は王都とオーザム王国軍を残すのみ、包囲を敷いて居る最中」

「ザボエラ」
「ベンガーナに損害を与えた、まだ秘策もある。心配は無用じゃ、ハドラー様」

「…ミストバーン」
「カール王都は落とした…女王と近衛兵を追っている」

「バラン」
「ふっ、リンガイアはもう潰した。だが今は少々休ませねばならん」

 リンガイア陥落、という吉報はあった物の報告を聞いたハドラーは腹を押さえて倒れ込む。慌ててアークデーモンが胃薬と水を持ってくる。

「はぁっ、はぁっ…ま、まずいまずい!リンガイアは落ちたが、他はまだか!クロコダインへの増援として他の軍団を動かす必要があると言うのに」
「落ち着いてくださいハドラー様、まだ時間はあります」
「ふ、ふざけるなぁああああ!」

 激昂するハドラー、顔にはびっしりと脂汗が浮かび、頭をかきむしる。

「三か月!三か月しか、否、もう三か月もないのだぞ!査察に行かねばならぬ…」
「なるほど。直接見る事で現状を把握すると」

 感心するアークデーモン、その凡庸な態度にハドラーは若干落ち着く。
 次のセリフを聞くまでは

「それで、最初はどこの戦線でしょうか?」
「それを今!悩んでいるんだろうがぁあああああ!くそっ、クロコダインとフレイザードから見るべきか?ザボエラは策があると言う、ヒュンケルはあの鎧で魔法使いに遅れは取るまい。バランは放置だ」

 考えこむハドラーに、アークデーモンは小首をかしげて呟く

「あの、ミストバーン様は?」

 その空気の読めない指摘に、ハドラーは歯ぎしりする。

「王都を落としても女王を取り逃がす、となるとかなり苦戦しているのでは?カールの騎士団は精強と聞いておりますが…」

 バーン様のお覚えが良い軍団長が居る。ミストバーンとヒュンケル。
 かつて自分が倒せなかった王国の騎士団。
 それを始末出来るか否かはかなり気になるがかといって最初に査察に行けば、バーン様のお気に入りを六大軍団長の中で一番信頼していないと明言するような物である。


「やはりですね、ここは一番最初に気になるカール王国の戦線を査察、そのままベンガーナ戦線、パプニカ戦線、ロモス戦線、最後にオーザム戦線という順番で行けば移動時間もスムーズに」

 世界地図を指示しながら、「私、良いアドバイスしています!」とドヤ顔で言うアークデーモンの前で、ハドラーは静かに床に倒れ込んだ。


 ただ、彼が倒れている間に、北方のオーザム王国では動きが起きていた…



 オーザム王国にて

「ちっ…」
「引き上げよ!」
「……」

 数度にわたる交戦で、フレイザードは冷静にメアリーの戦略を読み切っていた。


「…ふ、フレイザード様!アレを使っては?」
「阿呆、なんで連中が時間稼ぎをしていると思っている。増援が来るからだ」
「なっ?!では我々は挟撃を受けて」
「増援ごとまとめて、アレに嵌める。その時こそ、アイツラの最期だ。」

 それなりに苦戦させられたが、これで終わりだ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析