ハーメルン
もしもバーン様が逆行したら?
獣王とハドラーの受難

 硬直していたハドラーは、我に返って叫ぶ。

「な、何をして居るッ!さっさと任務につけッ!」

 軍団長が出撃した後の広間にて、ハドラーは震える。
 たかが人間の子供相手に、あれほどの攻撃。一体彼は何者だったのか?
 いや、今更考えても意味は無い。それよりも…

 地上の世界地図を広げ、ハドラーは頭をかきむしる。
 三か月以内に落とさねばならない、落とした軍団を苦戦している戦線に投入していくしかない。
 しかし、いくら考えても分からないのは「三か月」という刻限。
 一年という切の良い区切りでも無い。


 ラインリバー大陸。南西部に位置するロモス王国。
 その王宮は何時になく慌ただしかった。
 最近は魔の森から魔物が現れ、その対処に苦労していたのだが、今日は事情が違う。

 元々、ロモスは強国では無い。クロコダインは自分が出るまでも無く落とせる。そう思える程度の質と数しか持っていない。
 故に期限三か月と定められ、業火を見ても担当地域についてはさほど心配していない。あくまでも通過点に過ぎない、と。
 そしてその考えは正しかった。

 百獣魔団の猛攻の前に、兵士は一人、また一人と倒れ、防衛戦線は瓦解していく。

「こ、国王様!魔の森から多数のモンスターが襲撃してきます!」
「なっ、なんじゃと?!」
「陥落は時間の問題かと…お逃げください!我々がお供します!」

 たしかに詰み、ではある。だがロモス国王シナナは逃げるわけにはいかない。

「何を言う!城の者達を見捨てて逃げるわけにはいかん!
戦うのじゃ、最後の最後まで希望を捨てずに!神は逃げ出した者に奇跡を与えはせんぞ!」
「!!」
「王の逃亡は敗北と同じじゃ!わしは非力な年寄りじゃが…断じて逃げるわけにはいかんのじゃ!」

 逃げれば敗北を認めた事になる、未だ命がけで戦っている兵士がいるのに。
 主君の覚悟に応えようと、決意を新たに立ち向かう覚悟を決めた彼ら。

 アバンは死んだ。だが、希望が完全に尽きた訳では無い。


 獣王に率いられ、進軍する百獣魔団のモンスター。
 共に最前線で力押しをするクロコダインは勝利を確信していた。
 そんなクロコダインの所に一報が入る。

「ガルッ!」
「?老人が立ち向かってくる?しかも一人で?こんな国に手古摺っている暇など無い。」

 忠誠を誓った大魔王バーンとハドラー、彼らにロモス制圧の報告を早急に入れたいクロコダインは部下の一人を差し向ける。
 ライオンヘッド、ベギラマを得意とする精鋭の一匹だ。老人如き、一ひねり。

 思考を切り替え、ロモス王宮へ攻め込もうとした直前にまた一報が入る。

「…ライオンヘッドが敗れた?オレが行こう」

 時間的余裕があれば、強者の登場に戦意高揚していたであろうクロコダインだが、そんな余裕はない。
 獣王痛恨撃を放つべく、闘気をためる。最初の一撃で終わらせる。

 そんなクロコダインの様子をガルーダは訝し気に見つめる。
 彼の良く知る主君ならば、こんな一見無茶かつ合理的な戦術はとらない。
 何をそんなに焦っているのか?
 ややあって現れる老人にガルーダは目を向ける。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析