ハーメルン
ベルの兄がチートで何が悪い!!
04:剣姫×殺芋

《side:あいず》



〇6年X月つよい日

きょうもダンジョンにいってきた

だけどまだまだ私は弱い

もっと強くならないと、

もっと強く

もっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっともっと



〇6年X月つよ日

足りない足りないぜんぜん足りない、はやく!

もっとはやくつよく!

足りない足りない!

もっと敵を、わたしが強くなるための敵をもっと!




〇6年X月つ日

ロキとフィン達にダンジョンへ行くことを二日も禁止された

なんでじゃまをするの?

わたしは、わたしはつよくならないといけないのに




〇6年X月つよ日

訓練も禁止された

リヴェリアに何のための休暇だと怒られた

わたしのじゃまをしないでほしい

ロキに無理矢理連れられて外で食事を取ることになった

余計なことをしないでほしいと思ったが、そこで初めてじゃが丸くんという食べ物を食べた


こ れ は うまい!!


じゃが丸くんをたくさん食べた!

ロキが財布を見ながら泣いていたが、今日は好きなだけおごったるでーとか言っていたので遠慮しない

もっとじゃが丸くんをロキにせがんだら財布ごと店主に渡していた

初めてロキが偉い神様に見えた。



〇6年X月つよわ日

ようやく今日からダンジョンに潜ることができる

モンスターを倒してもっと今よりももっと強くなる

今日は朝からすごく体の調子がいい休んだおかげだと思う








〇7年X月つよ日

Lv.2になった

大変だったけど、色々と大切なことに気付けた

私はこれから変われるだろうか



〇7年X月つよわい日

Lv.2なってまたダンジョンに潜るようになって三日ほどたった

なんだが調子が出ない

どうしてだろう。






〇7年X月よわい日

原因がわかった

じゃが丸くんだった

じゃが丸くんを食べてからダンジョンに潜ったら最高に気分がいい状態でしかもいつもより多くのモンスターを倒すことができた

さすがじゃが丸くん、なんてすごい食べ物なのだろうか

今度からじゃが丸くんを食べるのを私の日課にしよう。




〇7年X月■ ■ ■日

敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸敵殺じゃが丸

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析