ハーメルン
ベルの兄がチートで何が悪い!!
05:期待×疑惑


《side:フィン》


僕は小人族(パゥルム)の 「フィン・ディムナ」、ロキファミリア団長を務めている

自他共に認めるオラリオでも数少ないLv.6の第一級冒険者だ

僕の夢は世界規模での小人族(パゥルム)の復興だ

そのためにもオラリオで最大派閥の片割れでもあるこのロキファミリアの団長という役職は意味のある地位だ

ただ、団長という役職は多忙を極める、特にうちみたいに団員だけではなく主神の癖も強いファミリアの場合は特に。

「それで?」

目の前には副団長でもあるリヴェリアの前で正座をさせられ憔悴しきっている我らが主神ロキの姿

「今度は何をしでかしたんだいロキ?」



  
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




聞き出した内容はロキが僕たち幹部に無断で団員を増やしたという内容だった

そこまで重大なポカではなかったことに、とりあえず安堵の息を漏らす

しかし、こんなことが続くとファミリアの人員がすぐにパンクする

それに団員には最大大手ファミリアとしての自覚を持った行動が常日頃から求められるため、よほどの実力者でもない限り入団試験と面接を行うようにしている

今回ロキが入団させたのは村から出てきたばかりの屋台でバイトしている少年とのことだ

・・・これはまた微妙に困った問題だ

現在の団員は他のファミリアから改宗(コンバーション)してきた第三級以上の実力者か厳しい試験と面接を経て入団してきた者たちが多い

そんな彼らはロキファミリアに入団できたことを誇りに思ってくれている

そこに実力もなく試験も受けていない者が主神の鶴の一声で入団してきたとなったらどうなるか・・・胃が痛くなりそうだ

それでも既に恩恵(ファルナ)を刻んだ紛れもない家族だ

団長として皆に当たり障りないように説明しなければならない、そう言うと

「いや、その必要はないかもしれんで」

正座のままでロキがあっけらかんと言いながらポケットから取り出した紙をリヴェリアに渡す

「・・・なんだ」

「ええから見てみぃ」

「・・・ふむ・・・ほう、スキルか・・・・・これは・・・」

それに目を通したリヴェリアの目付きが何かに気付いたように見開かれる

「・・・なるほど、確かにこれなら皆も納得するだろう、ロキよ、これも神の勘というやつか?それともわかっていて恩恵(ファルナ)を刻んだのか?」

「いや、どうやろなー、昨日はけっこう飲んでたせいで泥酔状態やったし無意識のうちに勘が囁いたかもしれんけど、それに気付いたのもリヴェリアの説教が落ち着いてからでな、気づいたときは驚いたで、なにせ最初からスキルが発現してるなんて滅多にないからなー」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析