ハーメルン
ベルの兄がチートで何が悪い!!
07:面接×物理 後編

======================================



《side:ラウル》

〇7年X月平凡っす日

初めまして!自分はラウル・ノールド、今年で13歳になったっす、田舎暮らしの三男坊で日々親に兄弟にと、こき使われる毎日に嫌気が差して、男として一旗揚げるために世界の中心、ダンジョン都市オラリオに来たっす

来た当初は右も左もわからなかった所をロキに誘われ、ちょうど行われる入団試験で見事合格、おかげでロキファミリアの一員になれたっす

ただ自分が思っていた以上に冒険者というのは過酷なものなんすよ

まず単純に神に恩恵を刻んでもらってもすぐにダンジョンに潜れるわけじゃなかったっす

最初の2週間とちょっとは先輩方との訓練とダンジョンに関する様々な知識をつけるための勉強尽くしで、生まれてこの方農業しかしてこなかった自分には頭から煙が出るかと思うほどキツいもので、ああ、思い出すと涙が・・・

中にはさっさとダンジョンに潜りたいと言う反発心を持った奴も出て来たっす、原因はアイズさん、アイズさんはLv.2の冒険者で正真正銘の第三級冒険者しかも世界最速のランクアップの世界記録保持者・・・なんすけど何と年齢がわずか8歳、しかも見た目からはとてもじゃないけど自分達よりも強い様には見えないんすよね、でもそういう奴は大抵がアイズさんに身の程を体に叩き込まれたっす、

おかげで反発心を持っていた奴らは全員が大人しく訓練と勉強に打ち込むようになったのは怪我の功名って言うんすかね?

入団して3週間後にはようやく、初めてダンジョンに潜ることになったすけど自分は緊張で何も出来なかったっす、他の皆はそれなりに闘えてたんすけど自分はビビッてゴブリン相手に終始逃げ回ってそのままその日のダンジョンアタックは終わったっす

悔しかったっす、皆がモンスターと闘えている一方で自分だけが逃げ回った

悔しくて悔しくて、その日は与えられた自室で夜中まで泣いたっすよ、同室の団員がいなくてよかったっす



〇7年X月脱っす日

あれから一月、最初の悔しさをバネに訓練とダンジョンアタックを超頑張ったっす、ステイタスももう少しでIからHに上がりそうなものもあるっす、おかげで少しは自信が付いて3階層まで到達階層を伸ばせたっすよ

先輩方やガレスさんに実力よりも精神を鍛えるように言われてから、度胸を付けるために遥かに各上の先輩方やガレスさん相手にボコボk、いやリンt・・・訓練をしてもらったおかげっす!

さぁ今日もダンジョンアタックをがんばるっすよ!じゃなきゃあの訓練ががががががっががががが

・・・モンスターヨリミカタガコワイデス。



〇7年X月驚っす日

今日も訓練に励んでいたらガレスさんが昨日入団したばかりの新入りを連れてきたっす

事情があって入団試験なしで入ったらしく、そのための後日試験とのことみたいっす

その試験として軽く模擬試合をするので審判役を務めるように言われたっす

まぁ、断る理由もないし、(というかガレスさんに逆らうとか無理)快く引き受けたっすけど

試合が終わった後に自分は驚きすぎて放心状態になっちゃう程だったっす、彼、カイトは一体何者っすか?

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/7

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析