ハーメルン
ベルの兄がチートで何が悪い!!
09:面接×異常

ロキにステイタスを更新してもらったら予想通りに新たなスキルがステイタス紙に記載されていた

だが、やはり自分の知るカイトの本来の能力である【気狂いピエロ(クレイジースロット)】とはかなり違う能力になっていた

自分の元ネタであるカイトの【気狂いピエロ(クレイジースロット)】は1~9までしか数字がなく、しかも武器のみを具現化させるものだったはずだ、なのに俺のは武器を具現するだけでなくスキル、おそらく何かの能力まで使えるという、上位互換みたいな能力になっていた、ただしその分のデメリットもキッツい、今回500以上ステイタスが上昇しているが、もし6以上の数字をキャンセルしたらマイナスになる、そしてこれは本能のような直感だがおそらく0を割ってマイナスになった場合・・・・・・・死ぬ

ヤバいなこの能力、発現させても扱いきれないような能力がきたらキャンセルするしかない、そんなことが続けば破産してリアルゲームオーバーだ、今後この能力は気軽に使わないようにしよう

そして完全に予想外の能力が三つ目の【英雄達の星の下(アーカーシャ)】というスキルだ、おそらくだが【気狂いピエロ(クレイジースロット)】が亜種みたいな異常変化を起こして【ジャンプの海賊印(ジャンプパイレーツ)】なんてものになったのは間違いなくこのスキルのせいだ、そうでなければ何が悲しくてあんなかわいそうな卵を無から生成せにゃならんのだ

たしかアーカーシャって世界の意思とかそんな感じじゃなかったけ?

昔何かの漫画かアニメでちらりとそんな単語が出てきたような気がする

まぁ細けぇことはどうでもいいや

とりあえず【ジャンプの海賊印(ジャンプパイレーツ)】はよっぽどステイタスに余裕があってピンチにならない限りは使用しない方向で頑張っていこう

そう考えると今回の模擬戦でいきなり使用したのはかなり危なかったかもしれない、もし扱いきれない能力や武器が出てきたら自滅して死んでいた可能性もある、むしろ数字も少なく扱いやすい・・・もの?が出てきてラッキーだったかもしれないな・・・まさかあんなかわいそうな物体に感謝する日がこようとは。

色々と考え事をしているとロキが質問をしてきた、面接が終わった後の質問なので気張らずにあっけら感と答えられるので楽でいいな

「カイトはガレスとやり合った際に、スキルを使用したんは間違いないか?」

当然だ、むしろ念能力無しでこの化け物みたいなおっさんとどうやってやり合えというのか、というか全開で向かって返り討ちに遭いましたが何か?

「いや、そもそもそれがおかしいねん、何で昨日発現したばかりのスキルを使用できるだけじゃなくて使いこなしとんねん」


[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析