ハーメルン
ウルトラマンカイナ
第1話 流星と博物館

 宇宙という暗黒の大海原。その中を翔ける光の玉が、二つ。
 赤い玉が青い玉を追い、この虚空を駆け抜けていた。

『待てッ……待ちやがれッ!』

 蒼く美しい星を目指し、青い玉は唸りを上げて突き進む。その後に続く赤い玉は、血気盛んな叫び声を上げていた。
 だが、青い玉がそれを聞き入れることはなく――彼の者はただ真っ直ぐに、目的の星だけを目指す。

『くっ……そぉお! 認めさせてやる……! 絶対、認めさせてやるんだァッ……! たとえ、あの鎧がなくたってッ……!』

 赤い玉は、それに追いつけず。徐々に、距離を引き離されつつあった。
 小惑星帯を抜け、隕石をかわし、なお執拗に青い玉をつけ狙う彼は――焦燥を露わに、この宇宙を翔ける。

 彼らが、私達の星に辿り着くのは、時間の問題だろう。私達が暮らす、この美しい緑の星――地球に。

 ◇

「はぁー……やっぱ壮観だよなぁ、こうして見てみると」

 ショーケースに並べられた、歴代のウルトラ戦士の立像。雄々しく立ち並ぶ、その像の群れを前にして――風祭弓弦(かざまつりゆずる)は嘆息していた。
 今年で創立100周年を迎えるという、このウルトラ記念博物館には、かつて地球の危機に立ち向かったと言われる伝説の巨人――「ウルトラマン」の歴史が刻まれている。

 9年前に地球に訪れた「ウルトラマンジャンヌ」のことも、しっかりとここには記録されていた。

 今日、弓弦達城南大学付属高校(じょうなんだいがくふぞくこうこう)の生徒達は、このウルトラ記念博物館の見学に来ているのだ。
 今年から高校に入学したばかりで、初々しくブレザーに袖を通している黒髪の少年は、穏やかな面持ちで立像を眺めている。
 ……昔から何かとぽけーっとしている彼は、天然キャラとして扱われることが多い。本人としてはそんなつもりはないのだが、今ではすっかりクラスメートからもそういう扱いを受けてしまっている。
 今も、他のクラスメート達があちこち見て回っている最中だというのに、彼だけはぼんやりと立像を眺めている、という始末なのだ。良くも悪くもマイペース、という少年なのである。

 ――だが、世の中何が起こるかわからないもので。そんな彼に想いを寄せる、奇特な女子もいた。
 遠くから彼に熱い視線を送る彼女の隣で、もう一人の少女がため息をついている。

「ねぇ……梨々子(りりこ)。今更だけどさ、あいつのどこがいいわけ? あんな何考えてんだかわかんないような奴」
「そ、そんなこと言わないでよ。……と、とにかく今日が勝負なんだから。頑張れ、私!」
「はぁ……あんたの趣味はよくわかんないなぁ」

 艶やかな茶髪をポニーテールに纏めた、スポーツ系の少女――尾瀬智花(おぜともか)。その親友であり、付属高校のアイドルとして知られる美少女――綾川梨々子(あやかわりりこ)

[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析