ハーメルン
ウルトラマンカイナ
特別編 ウルトラカイナファイト part10

「東京が戦場になってるってニュースは何だったんだよ!? 神戸(ここ)にまで怪獣が出て来てるじゃねぇかっ! に、逃げろぉおおっ!」
(よう)ちゃん、ねぇ曜ちゃん! 早く逃げないと、踏み潰されちゃうよっ!」
「だって……だってあの船にはお父さんが、お父さんがぁっ!」

 兵庫県神戸市、神戸港。その近海に出現したエレキングの巨影に、神戸の人々は悲鳴を上げて逃げ惑っている。
 フェリーの船長を父に持つ少女は、親友に手を引かれながらも懸命にその場に留まろうとしているのだが――非情なるテンペラー軍団の怪獣には、人の心など通用しない。

「よ、曜……母さんを頼んだぞッ!」

 船長としての責任を果たすべく、全ての乗組員が退避するまで船内に残り続けていた少女の父は。今まさに、フェリーもろとも踏み潰されようとしている。

『ジュア……ァァッ!』
「ウ……ウルトラマンザインッ!?」

 それを間一髪阻止したのは――この場に駆け付けていた、ウルトラマンザインであった。驚愕する船長の頭上でエレキングと組み合ったザインは、激しい水飛沫と共に、怪獣の巨体を沖側へと投げ飛ばす。

『この船も街も……地球人達の科学と努力の結晶だ! その価値も分からんケダモノ如きが、気安く触れてくれるなッ!』

 そして起き上がる間も与えず、馬乗りになりながらチョップの連打を見舞うのだった。神戸で生まれ育った椎名雄介としての魂が、その手刀に怒りのパワーを乗せている。
 だが、いつまでも防御に徹しているエレキングではない。しなる大きな尾に背中を打たれ、ザインはすぐに転倒してしまった。

『ジュウ……アァッ!』

 そこから間髪入れず首に尾を巻き付けられ、締め上げられていく。その力はあまりに凄まじく、ザインは立つことすらままならず片膝を着いていた。
 額のビームランプはすでに、激しく点滅し始めている。エネルギーの限界が、近づきつつあるのだ。

「ザイン、負けないで! お願い、お父さんを助けてぇっ!」
「……!? ねぇ見て、あれっ!」

 すると。その戦局を中突堤から見守っていた少女の祈りと叫びが、届いたのか。
 突如、第3突堤の方向からキャタピラの轟音が鳴り響いたかと思うと――無数の戦車隊が群れを成して、突堤の端に雪崩れ込んで来たのである。

 その車体にはいずれもBURKの文字が刻まれているのだが、日本支部のBURK戦車隊はすでに壊滅している。そう、この戦車隊は日本支部のものではなく――救援に駆け付けてきた、ロシア支部のものなのだ。

『ロシア支部……! まさか彼らが動くとはな……!』

 意識が混濁していく中、思いがけない援軍の登場に気付いたザインは。エレキングが戦車隊の砲撃に怯んだ隙を突き、尾の拘束から脱出しようとする。
 だがエレキングは、そうはさせじと自らの尾に強烈な電流を流し、ザインの首から全身へと強烈なショックを与えるのだった。

 それはエレキングにとって、必殺の一撃だったのだろう。だが、ザインにとっては違っていた。

『……甘いな、エレキング。専任分析官たるこの俺が、何の算段もなしに貴様のところに来たと思うか?』

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析