ハーメルン
ウルトラマンカイナ
特別編 ウルトラカイナファイト part12

「あ、あれってガチの怪獣かよっ!? 人口が多い都市が狙われてるって、完全にデマじゃねーかっ!」
「嘘だろっ!? こんな孤島にまで飛んで来てんのかよっ!」
「んなこと言ってる場合か、いいからさっさと逃げろっ! ここはもう、昔みたいな『怪獣島』になっちまってんだよっ!」

 かつては髑髏怪獣レッドキングをはじめとする、多くの強豪怪獣達が集まっていたことから「怪獣島」とも呼ばれていた多々良島。
 険しい岩山や、鬱蒼と生い茂るジャングルに包まれたこの島も、現代においては大自然を堪能出来る観光スポットとして栄えていたのだが。

「いや、そんなもんじゃねぇ……ここは今、『超獣島』になっちまってんだ!」

 テンペラー軍団の一角ことバキシムの出現により、過去のような戦場と化してしまったのである。

 逃げ惑う人々を嘲笑うように、宿泊施設を踏み潰して行く一角の超獣。その姿は「怪獣島」ならぬ、「超獣島」の誕生を象徴しているかのようであった。

『行か……せるかあぁあッ!』

 施設から逃げ遅れた旅行客を踏み潰そうと、バキシムが片足を上げた瞬間。その背後に組み付いたウルトラマンアークが、超獣の体勢を崩して行く。揉み合う両者が、施設を避けるように転倒したのはその直後だった。

『トワアァッ! テェェイッ!』

 素早く馬乗りの体勢に入ったアークは、バキシムの顔面にパンチの嵐を叩き込む。超獣も反撃とばかりに、大顎から強力な火炎放射を放って来た。

『ヌヴゥンッ!』

 その熱気に煽られ、マウントポジションを乱されたアークは、やがて体勢をひっくり返されてしまう。バキシムの体重に押し潰される前に、彼は渾身の力で巴投げを繰り出すのだった。

 放り投げられた超獣の巨体が、険しい岩山に激突する。それはかなりのダメージになったはずなのだが、バキシムは痛みなど感じていないのか、傷も厭わず戦闘を再開していた。

『やはりこいつも、生き物としての恐怖を持たない個体なのか……!』

 その両腕から連射されるミサイルを側転で回避しながら、アークは生物らしからぬバキシムの挙動に戦慄を覚えている。
 怪獣を凌ぐ脅威を持つ、超獣。その名を冠する巨大生物には、「恐怖」という感情がない。それ故にどれほど傷付いても、立ち止まることなく戦い続けてしまうのだ。

 1年間に渡り、その超獣達と戦い抜いてきた今のアークにとっても。彼らの無機質さには、悍ましさを感じずにはいられないのである。

『ぐあぁああッ!』

 その僅かな精神の乱れが、命取りであった。
 ミサイルの連射が止み、アークが反撃に移ろうとした瞬間。バキシムの象徴とも言うべき頭部の角が発射され、アークの胸に直撃してしまったのである。

 たまらず吹っ飛ばされてしまったアークの巨体が、木々を薙ぎ倒しながら海岸線まで転がっていく。何とか立ち上がろうとする彼のカラータイマーは、すでに危険信号を発していた。

「あぁっ……! あ、あのウルトラマンアークが負けちまうっ……!」
「……!? おい、あれはなんだっ!?」

 だが、その光景に旅行客達が絶望しかけた瞬間。海の彼方から飛んで来た無数の「軌跡」に、人々の目が留まる。

『……!?』

 それが「砲弾」だとアークが気付いた頃には。すでにその全てが、バキシムの巨躯に降り注いでいた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析