ハーメルン
ウルトラマンカイナ
特別編 ウルトラカイナファイト partFINAL

 あらゆる惑星に生きる怪獣や異星人達の住処を破壊し、地球への「侵略」……という名の「逃亡」を招いたテンペラー軍団。この次元の地球における最大の脅威である、その軍勢が滅亡してから、すでに3ヶ月が過ぎていた。

『――では、次のニュースです。東京都、大阪府、兵庫県における復興事業の進捗について、政府は本日の作業を以て都市機能の9割が回復するという見解を示しており、多々良島及び竜ヶ森湖の観光施設が被った損害についても各国からの支援が――』

 壊滅的な被害を受けた東京をはじめとする、戦場と化した都市の機能は現時点で9割近くも回復している。早ければ来月には、全ての都市が「元通り」になる見通しだ。
 アメリカ支部をはじめとする、5ヵ国のBURKによる全面援助がなければ、これほどの早さにはならなかっただろう。そのニュースを報じているラジオの声にも、希望の色が滲んでいた。

 皮肉なことに、6年間にも及ぶ戦争で得た修復作業のノウハウが、迅速な復興に一役買っていたのである。駒門琴乃隊長を筆頭とする新生BURKが主導しているその事業は、戦闘の余波で職や住まいを失った人々を救うための新たな雇用を生み出していた。

「オーライ、オーラーイ! ……ふぅっ、早く終わらせて一杯やりてぇぜ」
「ぐちぐち喋ってばっかりだと、いつまで経っても終わらねぇぞー!」
「わかってらァ!」

 休む暇などない激務の日々。それでも仕事の終わりには、笑顔が広がっている。戦争という悲惨な歴史を目の当たりにしてきた記憶が、人々をそうさせているのかも知れない。
 あの絶望の淵に比べれば、どうということはないのだと。この平和を掴み取るため、散っていったBURKの隊員達を思えば、へこたれてはいられないのだと。

「……逞しいな、この星の人々は。一度はウルトラマンになった身だからこそ、そう思うよ」
「えぇ……俺達もです」

 そんな彼らの逞しさが垣間見える、作業現場を見上げながら。復興作業の最中である、東京の街道を歩む5人の青年達は、歌舞伎町の外れにあるという小さな喫茶店を目指していた。

「それにしても、5人全員が休日だったなんて珍しいこともあるもんだなぁ。雄介達も元気そうで良かったよ」
「嵐真先生も御壮健で何よりです。確か辻凪先生は、今日が当直でしたかな?」
「あぁ。帰りに何か美味いもん買って、差し入れにするよ。……『新作』がバズってるみたいだし、近いうちにお祝いもしないとなぁ」

 椎名雄介の言葉に空を仰ぐ暁嵐真は、今も小学校で仕事に励んでいる同僚の女性に思いを馳せている。その女性――辻凪あやめがネットで公開した「新作」のWEB漫画は、SNSで密かに人気を集めているらしい。

「分析官殿。来年の慰霊祭には、俺も参列致します。……此度の戦いに身命を賭したBURKの方々の御霊には、俺からも感謝を捧げたい」
「尊……ありがたい限りだが、その気持ちだけ貰っておこう。今のお前は『世界最優のボディガード』として、引く手数多な身だ。身辺警護課の人間ならば、今生きている人々のために時間を使え。彼らへの感謝なら、俺が纏めて持って行く」
「分析官殿……」

 テンペラー軍団との戦闘で命を落とした、BURKの隊員達。その慰霊碑に眠る魂を思い、覇道尊は神妙な表情を浮かべていた。

「ウルトラマンの依代だった俺達は、『人』でありながら『神』であることを求められていた身だ。確かにその重荷は、ただの人間に戻ったからと言って容易く降ろせるものではない。……だからこそ、俺達『兄弟』が分かち合わねばならんのだ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析